« 2007年7月 | トップページ

2007/09/10

どっちを向いてるんや?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070909-00000913-san-pol

安倍首相、海自派遣継続が無理なら退陣も辞さないとの考えを表明した。

って、ようはアメリカの言うことを聞けなければ逃げますよってことやろ。お前はすでに先の参議院議員選挙で国民から「お前に首相の資格無し」って烙印押されとるねん。何をいまさらいきったことをいうとるんや、ほんま・・・

国民の審判にはフニャフニャムニャムニャと下手な言い訳にもならない言葉を弄して、退陣を逃れておいて、アメリカの言うことが聞けなければ退陣をほのめかす。お前はどこの国の国益のために働いているのか?海自派遣延長を待つまでもなく、今この時にとっとと止めてしまえ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/04

橋下弁護士に被害請求する前に

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070904STXKB048703092007.html

いや、懲戒解雇されてもおかしくない、「母に対する人恋しさに起因する母胎回帰」ってなわけの分からん弁護(この内容のどこに情状酌量の意味があるのか俺にはさっぱり分からんが)をしているのは、人権派とか言われるそっちのほうだろう。大体こんな鬼畜に死刑以外でどうやってつぐなわせるのか?死刑でも償いにはならんだろうが、少なくとも鬼畜を世から1名掃除することにはなるわな。大体こんな鬼畜野郎の弁護を真剣に引き受けて死刑減免を目指そうとすることのどこが人権派なの?被害者の人権はどうなるの?法律で決まってるからしゃーなしに引き受けて、とっとと死刑に向かわせるのが正しい弁護士のあり方だろう?それを嘘方便に近いことまででっちあげて弁護するなんて、この弁護団も鬼畜の仲間じゃないか?そうやって極悪人を助ける仕事をするなら、お前等も死ね!

ちゃらけたタレント弁護士がテレビで発言したからって、それがすべて間違っているわけではない。少なくとも今回は橋下弁護士の言い分には賛同すべき点が多い。あんな嘘つき弁護団は(たぶん金で動いたんだろう、じゃなきゃ本気の極悪人仲間だ)とっとと懲戒処分されてしかるべきだと思う。

弁護団たちよ、自分達がやってることが人間として誇れることなのか、もう一度胸のバッチに手を当てて考えてみて欲しい・・・。面白半分に強姦と殺害(小さな子まで)をした人間を「母体回帰」で死刑減免させるのは、人として正しいことですか?仕事だったら何をやってもいいのですか?

ところで、懲戒請求って簡単にできるようです。用紙のテンプレートはここに載ってます。本件でやっぱり被告の弁護団を許せないと賛同いただける方は是非、懲戒請求をして見てください。俺は早速明日でも郵送するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ