« 2007年5月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/07/09

義務教育の根幹を考え直してみる

学校に対して、非常識なクレームやいいがかりをつけるモンスターペアレントとやらが増殖しているという。→記事

俺たちから上下の世代の親たちがそのモンスターペアレントになっているのだろうけど、実に情けない。こういう親たちは多分、自分たちが子供の時からわがまま一杯に育って情操教育を受けてこなかった不幸な人たちなんだろうなぁ。でも情けないでは済まされない。教師にもしっかりして欲しいが、こんなヤカラを相手にしていたら、生徒に対する教育への情熱も冷めていくだろうし、実際実務にかける時間も減っていくだろう。おおげさに言えば、日本人の教育水準の低下にもつながっていくのではないか?非常に困った存在なのである。

子には罪はないのかも知れない(子は親を選べないからね)が、こういう子供を抱えた学校は、教師はその教育活動が麻痺してしまう。それでは困る。

そこで、こういう親子に対するための施設を作れば如何か?クレーマーと位置付けられた家族には、今通っている公立学校を強制退学させ、一種の矯正施設である、その施設に入寮させる。施設は全寮制にして、盆と正月以外の帰省は許さず、日夜徹底的に情操教育と躾と体力アップを目的として、規則正しい子供に叩き直すのである(勿論少々の体罰はOK)。親が文句を言えば「あなたの子供はもうここ以外に行く教育機関はないのですよ。イヤなら日本から出て行って下さい。」と強気に出る、勿論、法的にもそれだけの強制力を裏つけるのである。ここで6・3・3年をすごさせるのである。

こんだけの徹底的にスパルタな施設であるから、運営はナヨナヨ軟弱な日教組に任せられないので、警察庁か防衛省の管轄教育機関にする。つまりここで徹底的に鍛え上げたれた元どうしようもない甘えた小学生は、日本の治安を守る軍人か警察官となって世間に貢献するという仕組み。

親に常識がなくなってきている現在、せめて強制的に子供に常識や公衆道徳を学ばせないと、本当に日本はダメになると危惧するのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

国を守るものとしての発言とは思えん。

左系マスコミが情報操作、報道操作をしたのでないとしたらという条件で、久馬防衛大臣のこの発言は許せん→記事

原爆投下が仕方のなかったことだと、広島で長崎で数十万の一般国民(非戦闘員)の命を奪い、国土を焦土と化したあの人為的悲劇を、ソ連との戦争を避けるために仕方のなかったことだと。そんな考え方の人間が国防の大臣をしていて日本が守れるのか。こいつは絶対許せん。従軍慰安婦問題の謝罪を議会承認したアメリカに対し「原爆投下の謝罪をしろ。ブッシュは広島を長崎を訪問して、大統領として謝罪しろ」というならともかく、ここまでアメリカにおもねるのか?6カ国協議の枠を無視して、北朝鮮にヒルを派遣した裏切り国家アメリカにここまで隷従した発言をするのか、久馬よ。はっきり言おうお前は国賊だ。今の職を辞し、石もてこの国を追われるがいい。

日本人も再度、考えを改めて欲しい。ロシアも中国も韓国も北朝鮮も危険で国防上アメリカと手を組むのは政策上やむを得ないとしても、アメリカは俺たちの先祖(祖父母や曽祖父母の世代という非常に近いご先祖様達)の時代に戦争の名のもとに非戦闘員の日本人を空襲という方法で(沖縄では直接的に兵士の銃弾で)大量虐殺している国なんだぞ。あこがれの国でもいい。カッコエエ文化だと思ってもいい。でも、心の片隅に「こいつ等は日本人を大量に虐殺したアメリカ人なんだ」という思いは常においておくべきだと思う。それがないから日本人は舐められるのだ。イラクのイランのアフガンの人間は絶対そんな甘い考えはしないと思うぞ。

久々にブログアップしたらこんな情けない記事なんて…全く。大体、久馬って選挙区長崎やねんで。本気のアホやな、誰かこいつの頭引っ叩いて、ちゃんと物事教えたれ。

それとも、将来日本も核武装をして、平壌あたりに核を打ち込み「あれは北朝鮮との戦争を避けるためにしょうがなかったんです。広島・長崎がそうであったように」というための布石なんだろうか。それにしても…やっぱり許せる発言ではないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年9月 »