« セ・リーグ開幕 | トップページ | 約束を守る気がない北朝鮮に油断するな »

2007/04/08

本日地方統一選挙投票日

今日は選挙である。投票は国民の義務なので行くつもりではいるのだが、正直、今回都島区で立候補している市会議員に「この人に」ってのはおらんねんなぁ。自民は王道の船場太郎で俺が票入れるまでもなく勝手に当選しはる人やし、本来応援したいはずの民主は、内部分裂してるみたいで公認一人と去年までの民主公認が後継者としている奴と二人いるのだが差が分からない。競争して相乗効果で盛り上がってくれたらエエねんけど、逆に二人で魅力を薄めあってるような味気なさ。正直どっちが当選しても区民のためにどれだけ頑張れるのか疑問。あとは創価学会の奴とアカ。誰に入れたらエエねん。本気で白紙投票したろかとも思ってる。

4年前の選挙で応援に行ってた東淀川区の某府議会議員先生のところに、今回は不義理をして1回も手伝いにいけなかった。年度末年度始めで仕事が忙しかったのと、体調(心身ともに)が良くなかったのが一番大きな理由なのだが、わずかながら政治とが行政というものに諦めを感じ出しているのかもしれない。特に地方行政については「あの人が立ってくれたら少しでも大阪が変わっていくデ」とか、そんなことが幻想に思えてくるねんなぁ。そのまんま東の例は稀有でしょう。大阪の太田房江はイロイロとダークなことを裏でやってくれてる悪の知事なのだが、それでも議会は追求しきれないでいるし、府民は「女性知事なんてエエイメージやんかいさ」と褒め称える。

で、大阪府も大阪市も家計簿は火の車で行政を改革するという名の元に、府民への負担を厳しく強いてくる。税金だけの話やなくて、府民サービスの質も間違いなく落ちてきている。一般のなんのコネもない市民府民は生活に不便を感じている一方、生活保護を本当に受けたい人が受けられず、困ってるというのに、創価学会員が公明党の議員に泣きついたら公営住宅に優先的に入れて生活保護の審査にもすんなりパスできたりしている。

東京の竹芝であんな悲惨なエレベータ事故があったのに、大阪府はエレベータの点検を技術的な裏づけを条件としない競争入札にして、やすかろうわるかろうの業者に落札させている。その落札した会社には大阪府の公務員(けっこうエラいさん)のOBが天下ってる。そんな事態を府の現場職員は危機感をもって嘆きつつでも、財政局やら議会やらは家計簿のことだけを考えて、無視してるのか、見て見ぬふりをしている。

そんな、あれこれを仕事の関係で観たり、生活の実感で感じたりしていると、地方政治って地方行政ってなんやねん。こんな変な状況を変えて欲しいから選挙に行くべきなんやって思ってたけど、変えてくれそうな奴立候補してるか?都島では正直おらんぞ。どうせ当選しても粉骨砕身頑張って、悪の太田を徹底追求したり、特定のコネをもってない市民府民の生活を少しでもラクにサポートしてくれそうな奴は、おらんぞ。このままでは、極端な話をすれば、いずれ大阪も夕張になる運命かも知れんなぁ。

それでも俺は義務として選挙にだけは行く。誰に投票するかはともかく選挙にだけは行く。

追記 選挙に行って来た。なんと府議会は無投票であった。立候補していて、対立いなかったら誰でもええのか?せめて信任投票ぐらいせえよ。これやから、大阪府は…

|

« セ・リーグ開幕 | トップページ | 約束を守る気がない北朝鮮に油断するな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42486/14599250

この記事へのトラックバック一覧です: 本日地方統一選挙投票日:

« セ・リーグ開幕 | トップページ | 約束を守る気がない北朝鮮に油断するな »