« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/28

いまさらアパって、

アパの耐震偽装については、かなりまえからきっこさんが取り上げていたので、何故今ごろって思ってたんだけど、やはり安部首相の求心力が落ちているからなんだろうなぁと思える。

ご存知の方には今更のことだろうけど、あのアパのきっしょいおばはん社長は安部晋三後援会の副会長であることでもわかるとおり、アパグループと安部晋三のつながりは非常に強いものがある。ヒューザーの耐震偽造問題時にも登場していたイーホームズの藤田社長は、早くから今回のアパ2物件の耐震偽造を模索した設計士水落と面談し、偽装していることを聞きつけているである。藤田社長はそのことを随分早くから(記者会見等で)明らかにしていたのだが、アパの助けを求められた安部一派によって隠匿させられていたのである。

大手マスコミも実に情けない、安部に力があるときは尻尾を振るように記事にするのを避け、安部の求心力がなくなってきた今になっていっせいにニュースに取り上げ、さも新発見のように装うのだから。

事業主はごまかしを指示し、設計事務所と建設会社と認可機関は裏金と圧力に屈して指示に従い、政治家は金に負けてうそつき事業主を保護し、マスコミは政治家と(おそらく広告費の)影響力の大きい事業主にこびへつらって事実を隠匿する。こんな日本で社会正義はどこにあるのか?

遅きに失した感はあるが、この耐震偽装問題は徹底的に膿を出し尽くしてもらいたい。事務所経費の流用問題で大きな失点をつけた民主党さん、こいつを徹底的に調べて安部を攻撃するのはなかなか有効だと思うがやってみまへんか?(ホリエモンの時のようにウソはあきまへんで)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/27

つかの間の独身をダラダラと過ごす

本日より、嫁娘がスキーに行っているのだが、諸事情で俺一人お留守番。寂しいと思う反面、小さな自由が嬉しかったりする。

朝、集合場所まで荷物運びを手伝い見送り、帰宅したあとはほぼ完全自由時間。医者行ったり雑用こなした後

  • 早速、ビール片手にビデオの前へ、「ジャッカス」という超オバカ映画をゲラゲラ笑いながら見た後は、ホットカーペットの上でお昼ねタイム
  • 目を覚ましたあと、ちょっとPCいじって、その後昼ごはん食いがてらDVD返却がてらで外出。ツタヤでDVD借りた後、ゲーセンで麻雀ゲームに浸り、その後中華料理屋に行って、餃子とビールの昼食
  • 帰宅後、くだらないバラエティ番組を見つつ夕食の準備。当然準備しながら晩酌の予行演習開始
  • おでん(昨日の晩御飯の残り)、焼きそば、わか竹煮というバランスが取れてるのか取れてないのか分からない食事、当然ビールに酎ハイに焼酎ロック
  • ちょっとぐらい家事をしようと、洗濯物の取り込みだけやる
  • その後、こうしてPCの前でミクシィやったり、ブログ更新したり
  • 今から、布団にこもって眠くなるまでキングの「魔道師と水晶球」を読みふけるつもり
  • 明日の朝飯は買ってあるので、なんやったら布団の中で喰ったろか?当然ビール付で、いや朝飯っちゅうより昼飯になるかも知れんなぁ・・・ウヒヒ

俺、嫁さんおって良かったわ。おらんかったら私生活から人間を壊していくタイプのようやね。ダラシないこと限りなし。(女性関係の遊びが入ってないのは、道徳からかそれだけの小遣いをもらてないからかは想像にお任せします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

納豆喰ったった!

本日、週に一度の休肝日。よって、晩酌ではなく晩ご飯である。

で、この時期にあえて食ってやったわいや。納豆!うまかったよ。粘って、臭くって、コクがあって、あったかご飯にのっけてワシワシ喰ったったわ。ギャハハ

デマ番組流すほうも悪いけど、こんなうまいもん(それも貴重な植物たんぱく源)やせるために喰うなんて、食べ物に対する冒涜や。やせたかったら喰うな。水だけ飲んどけ、水だけ飲んで死ぬほどドカチンしやがれ。大体、健康のためってのならともかく、やせるために喰うなんて、明らかに自然の摂理に反している。だまされるほうも悪いんや。

ニュースの中での、この記事は笑えたな。

会社役員の男性(65)。放送を見た妻と娘が「毎日2パック食べなければいけない」と言い出し、会社帰りに毎日買いに行かされた。「いい迷惑。テレビ局はいいかげんにしてほしい」。怒りは収まらない。

妻と娘の納豆を会社帰りに買わされた怒りをはき違える、こんなアホが役員をしてる会社は、納豆のネバネバに巻きこまれて潰れてしまうがいいわ。ギャハハ

みんな、明日からも普通に納豆食おうや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

哀しくてやりきれない

風見しんごさんの愛娘えみるちゃんの悲報については、本当にやりきれない。うちの娘も10歳で同い年。こんなことが我が娘に起こるかも知れない(可能性は大いにある)と考えると本当にやりきれない。横断歩道を青信号で渡っていてはねられるなんて、どうすればいいのか?トラック運転手の責任は勿論重いものだが、行政としても交通弱者に対する配慮がなっていないのではないのか?

娘には交通ルールを十分守ることを教えるとともに、俺自身の車の運転についても本当に重々に気をつけて行く。風見しんごさんがお葬儀の席で悲痛な声で訴えていた「横断歩道を通るとき、青信号を観るとき、えみるのことを思い出して下さい。」、この言葉運転するときは脳裏に絶対置いておくことを決意する。

ニュースに書いてあった、この文章もまた哀しくてやりきれない。

えみるさんの名は「笑顔が満ちるように」との願いが込められていたため法名も「釋慈笑(しゃくじしょう)」。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

愚痴ニュース

思わずあきれたニュースを二題ばかり愚痴らせていただきます。

中国人が西洋文明を警戒するのは勝手だが、たかだかコーヒショップで汚される文化なんて、たかが知れてるな。4000年の歴史が聞いてあきれる。イヤなら最初から出店をやめればよかったんじゃないか。(元を正せば、故宮側の要望で出店したということなのもヘンだけど)それでもまぁ、できれば中国は西洋文明を全部拒否してくれればむしろ俺はありがたいと思う。出来れば日本文化も拒否してくれればありがたい。そうすれば、石油も安くなるし、まぐろも今まで通りおいしくたくさん食べられるし。また文革でも起こして鎖国状態になれば世界発展のためにもいいんだけどなぁ。
中国のことばかり言ってると、わが国日本もなんだかヘンだぞ。たかだか歌番組で裸に見えるコスチュームで歌を歌ったことが、何故政府レベルの協議になる?日本政府は暇か?こんなことを協議してもらうより先にしてもらいたい問題が山のようにあるんじゃないか?これぞ税金の無駄遣い。何が「孫と見ていて不愉快な気分になった」だ。個人の感想で血税を使う行政を動かすな。NHKが独自で見解を示して、それでいいじゃないか。性器を露出したのならともかく、OZMAは政府が口出しするような犯罪を犯してはいないはずだ(それが愉快、不愉快と感じるのは別問題)。日本政府はそんなことを協議するためにある行政機関では決してないはずだ。本道を踏み外すな!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/17

仮面ライダー龍騎

仮面ライダー龍騎」見終わりました。

うーん、やっぱ最後まで違和感があるのは、ライダー同士の戦いを前面に押し出したストーリーであったということ。「クウガ」の最終回や「アギト」にもイベント的にライダー同士の戦いというのはあったけど、この作品ではとにかくメインイベントがライダーVSライダーで負けたほうが死ぬっていう、良い子には安易にごっこも進められないハードストーリー。

途中にはコミカルな部分もあったけど、物語も終盤になってくると、英雄になりたいとか言って暴走するニートっぽい奴やら金で転ぶ奴やら色んなライダーが出てくること。しかも最終回直前に主人公は死んでしまうし、ヒロインは溶けてなくなっちゃうし、キザなNo.2まで死んじゃうし、ほんと、どうにも救いようのない終わり方をしています。

おーらすのおーらすは登場人物みんな出てきて、幸せな日常を演じるんだけど、これってようはエヴァじゃん。しかもこの物語のキーパーソン神崎兄妹は死んじゃってるようだし・・・。暗い重い救いのない(でも面白いんだよな、特に優衣の20回目の誕生日エピソードあたりの盛り上がり方は尋常じゃないぞ)ライダーシリーズでした。

そうそう、劇場版は映像はさすがに金が掛かってて良かったんだけど、あの終わり方はちょっとマカロニウエスタンというか日和見だな。

さて、次の特撮作品の課題は、555にしようか、それともウルトラマンコスモスにするか、検討中。いっそ戦隊モンに手をだそうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/14

自転車が歩道を走る危険性

僕は自転車通勤をしている。雨の日とか酒を飲む日をのぞいて、週の半分くらいは自転車通勤をしている。僕は自動車を所有していない、日常の足も自転車である。それだけ自転車を日常的に使っている僕が思うに、自転車が歩道を走ることについて、僕は大反対である。その理由については下記の疋田哲夫さんのパブリックコメントを読んでください。全くそのとおりだと思っていただけるはず。

以下引用します

道路交通法改正試案(以下、本試案とする)の中、「3 自転車利用者対策の推進(1)通行区分の明確化」の全面削除を求めます。

 当該の項目については、一見、自転車の車道通行の原則維持、無秩序な歩道通行の是正などが強調されてはいますが、これらは現行法の維持に過ぎず、法改正の名に値しません。
 よって、当該項目の内容骨子は次の通りであると認定できます。
「自転車の歩道通行の条件を拡大し、その要件を法律で定めること」

 これは国民の福祉および日本の国益に明らかに反するものであり、全面的な削除を求めるものです。
 その理由は次の各項目にあげるとおりです。

●現在、自転車対歩行者の事故が急増している(10年で4.6倍)のにも関わらず、その解決法を、自転車の歩道通行の条件緩和に求めるのは、まったく矛盾しています。

●現状でも「無秩序な」自転車の歩道使用状況なのにも関わらず、その要件を緩和するならば、無秩序はさらに助長され、混沌状況を生み出すことは容易に推測可能です。加えて、現実として警察官の乗車する自転車が、無秩序に歩道を走る現状を鑑みると「警察官等が危険だと判断した場合には、歩道から下りなくてはならない(指示に違反した場合には、処罰の対象となります)」等の措置の実効性には、期待をもつこと自体が甚だしく困難です。

●高齢化が進む今、歩道の高齢者が今後ますます増えることが予想されます。その歩道に自転車を上げる条件を緩和することは、事故を誘発することになり、国民の福祉を大いに損ねます。

●現時点でも、障害者(中でも視覚障害者)にとって、歩道を走る自転車は多大な脅威になっています。それを助長することは断じて許されません。

●環境問題という観点から見ると、自転車はスピーディに移動する権利を有し、クルマの機能の一部を代替する交通手段となり得なくてはなりません。危険な道路であるのなら、危険でない道路にするべきです。その点、本試案が「踏まえ」ることとする「提言」中の<第4-2-4「自転車が車道を通行することが特に危険な場合は、当該道路の自転車通行を禁止することなどの措置を講ずること」>は、恣意的に「特に危険な場合」が決められてしまう可能性を孕み、自転車の走行を大いに阻害し、結果として、さらなる環境悪化を呼ぶことが懸念されます。これは世界の潮流にあからさまに逆行するもので、環境に対する悪影響だけでなく、国際社会においての日本の国益を大いに損ねるものです。

●本試案は、道路シェアの再構築という喫緊の問題にまったく言及されておらず、道路行政のさらなる混乱を招くものであるのみならず、過度のクルマ依存社会をさらに助長するものとなっています。

●本試案にある「自転車の原則、車道通行」「自転車の歩道通行が言わば無秩序になされている状況」などについての是正措置は、現行法で十分対応可能であり、法を改正する意味がまったく認められません。

●本試案が「踏まえ」ることとしている「自転車の安全利用の促進に関する提言」は、わずか6ヶ月、わずか6回の会合で提出されたものでしかなく、交通行政、中でも自転車行政に対しての深い思索、真摯な取り組みに、明らかに欠けていると言わざるを得ません。

●およそ30年間続いた実質上の自転車歩道政策により、我が国においては、車道を児童、高齢者などが自転車通行するのが困難になりました。ですが、そのことは今後、欧米諸国のように、自転車レーンの整備などで補完するべき事柄であり、本来的な歩道通行の緩和の要件にはなり得ません。
 いずれにせよ、今法改正の当該箇所「3 自転車利用者対策の推進(1)通行区分の明確化」は、浅慮に基づくものであり、自転車問題をより悪化させるものと断じざるを得ず、法案とするに値しません。少なくとも、本試案の該当部分を削除し、現行法を維持する中、我が国の交通のより良き未来を作るべく、新たな法整備、インフラ整備への相応の努力をすることこそが急務であると考えます。

 以上。

引用終わり

この試案に反対するのは、決して自転車利用者の利便性のためが第一目的ではない。歩道を本来優先的に利用できる権利のある歩行者(幼児や老人、車椅子や杖や歩行補助具を利用した人を含む)の安全で快適な交通手段を確保するためであることが一番なのである。僕も、このコメントを参考にパブリックコメントを送信した。

よろしければ、自転車を利用しておられる皆さんも自転車が強制的に歩道にあげられることによる歩行者の危険性について考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

残業をやめて、家に帰ってセックスを!?

きっこの日記」を読んでいてびっくり。これはウソやろうと思ったらほんまでした。安部というおっさんはアホというかなんというか、あきれてものが言えない。

「ホワイトカラー・エグゼンプション」とかいう、簡単に言えば残業をなくしましょう、残業をしても残業代を払わないようにしましょう、企業は儲かり雇用者は生かさず殺さず搾取しましょうという制度に対する見解として、こんなことをいいよった→記事

つまりは「日本国民の底辺におる奴らは残業をなくし、残業代をカットすれば、金がなくなり暇ができるので、家に帰って夫婦でセックスでもして時間を潰すだろう。結果子供が増えて少子化対策になるし、そうやってできた子供が成人すればまた搾取できるじゃないか、万歳」ということである。これを飲み屋のザレネタや三文評論家の隙間埋め記事じゃなく、わが国の首相という立場で記者団にいけしゃあしゃあとのたまったのである。

「サービス残業があるから、家に帰っても疲れててセックスなんてできないよ」とかそういうレベルで議論すべき問題じゃない。こんなことを平気でのたまうおっさんを首相に選んでしまった日本は絶望的だ、近い将来潰れるな、ぶっこわれるな。

かたや、「まいど薬害エイズでおなじみの川田です」と社会問題を自分個人の売り物として売名行為のためだけに国会議員になろうとする輩がいて、かたや「残業を捨てよ、セックスをしよう」と記者団にのたまう首相がいる国に俺は住んでいる、俺はこの日本という国が好きなんだけど、このままアホどもに政治を任せておいたら絶対滅びるで日本、どうしたらええんやろ、もっとちゃんとした政治家はおらんのか、日本を救ってくれる奴はおらんのか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

やっぱり、そっちの先生か

東京薬害HIV訴訟元原告の川田龍平氏が参議院選挙へ出馬する表明をした→記事

やっぱりな、小林よしのりのゴーマニズム宣言に書いてあったとおりになった。ここの親子は自分の病気を使って、怪しげに売名活動をするのでキライ。「普通に学校の先生になりたかったのにエイズになってしまった僕(とうちの息子)」で売り出した親子が、母親に続き、本人までその自分の夢を忘れて、「薬害エイズでかわいそうでしょ、かわいそうな僕に1票下さい」な活動を開始する。政治家になって何をするの?国政をこうしたいという政策を持ってるの?政治家になるための勉強はしたの?無所属ということだが一人で何をするの、それとも裁判の時にレイプされた共産党になびくの、権力に負けて自民党になびくの?

こいつは知名度バリバリだから多分当選するんだろう。でも、川田龍平を政治家に選ぶほど、今の日本の政界には余裕があるように思えないのだが。タレント議員になるためにあのHIV訴訟を売名行為に利用するような厚顔無恥な性格、俺は大嫌いだし人間として信用できない。俺は東京都民ではないから投票権はないけど、絶対票を入れたくないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

飛騨七輪

昨日、出勤前に朝食をとっている時、嫁さんが「おせちに飽きた、おもちに飽きた、肉食べたい!」とのたまうので、早めに仕事を切り上げ(松の内の空けないうちは比較的のんびりしてるのもので、7時30分に事務所を出ても遅いほうだった)焼肉飛騨七輪へ。

生中(娘はウーロン茶)に、上セットとホルモンセット、ナムル盛り合わせ、タン刺し、ユッケを注文し、ガツガツと食す。さらにイチボ握りすし、並ロース、ミノサンド、ワカタマスープを追加し、生中を2杯ずつ酎ハイを1杯ずつ、さらには〆に冷麺を食べて(俺だけ。嫁さんはこの時点でダウン)終了。エエ肉はやっぱ美味いし、量が食えますね。これで3連休へのスタミナ準備はばっちり。

帰宅後お風呂に入るときに、服を脱いでびっくり。胃の出方がハンパではない、トイレに入っても手探りでないと持てないではないか!(失礼)…ともかく、肉満喫の金曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

仕事はじめとローライズ

本日仕事はじめ。年始挨拶周りの合間をぬって初詣に生国魂神社初詣。おみくじは末吉、元旦に天満宮でひいたおみくじと同じ結果である。今年はおとなしくしているのが良いような運勢である。昼食は立ち食いうどん屋にてたぬきとおにぎりをガガガッと、飲み疲れした胃にうどんそばの出汁が優しく沁みるのが心地よし。

おみくじの結果及び疲れきった内蔵の悲鳴を考慮し、とりあえず今日は飲みに行かず、まっすぐまじめに帰宅。帰宅途上行き過ぎたローライズジーンズをはいた女の子が目の前を歩いていた。お尻の割れ目がバッチシ丸見えで、観ているこっちが恥ずかしい(じゃ、観るなという声は聞こえない。)写メ撮ったろかとも思ったが、こんなことで犯罪者になるのもなんなので、心の印画紙に焼き付けておくだけにする。でも、うちの娘があと7,8年してこんなジーパン穿いて街を歩いてたらイヤやな。俺みたいなチョイエロ親父の心の印画紙にお尻が写るようなことは避けてもらいたいものである。

さて、あとは酒抜きで飯食って、布団内で「運命の3人」の上巻を読んで寝よう。グー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

正月休(前半戦?)終了

正月休も終わり、明日から仕事である。まぁ、6・7・8日の三連休があるし、明日、明後日は年始挨拶やらなんやらで、本来の仕事にならないだろうから。まだしばらくは正月気分が抜けないことでしょう(苦笑)。いわゆる松の内気分を満喫できるということですね。

娘が「お年玉を使って本とかゲームを買いたい」と言い出し、嫁が「年末はバタバタ、正月はずっと家にいたので、気分転換にバーゲンでものぞきたい」と言い出したので、本日は家族でお出かけという、典型的なファミリー奉公の日であった。娘は江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを3冊、DSのゲームを1本、大阪地下鉄すごろくを買って満足。嫁はコムサの福袋を買ってこれまた満足。みんな良かったねぇ。

って、俺、なんもなし…(スクラッチ1千円買って1千5百円当たったけど)。PS3買ってくれって言ったんだけど、嫁さんは完全無視。東芝ダイナブックが初売りで10万5千円だったんだけど、これも完全無視。サザエさんの買い物のマスオさんの如く荷物もち役を演じきりました。ガックシ…

さあ、風呂入って、飯食って、ガンスリンガー読んで、明日に備えるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

2007年謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年も頑張ってケセラセラでいっときます。本ブログもマイペースで、時に辛らつに時に偏り時にのんびりと記事を書き込んでまいりますので、旧年同様よろしければどうかお付き合いの程を、お願い申し上げる次第であります。

さて、新年にあたり、今年の目標を考えてみました。

  1. 読書(今年こそ)読了作品数100作、冊数120冊以上(去年は99作品114冊、もう少しだったんだけど、面白そうな本を読みたいんであって、冊数を伸ばすためだけの読書はしたくなかったので、今年もその基本は崩さずに行きます。)
  2. 映画、劇場で10本以上鑑賞(去年はどれぐらい見たんだろう?覚えてません)
  3. ブログ更新、最低でも週一ペース、できれば3日に1回(書きたいことはイロイロあるんだけど、時間を作れてないんですよね。)
  4. 自転車通勤の復活(昨年後半は電車読書で読了本を増やそうと目論んで中断していたのです。酔っ払い運転も気になっていたが酒の回数を減らしたらいけそうなんで)
  5. 外酒の回数を週2回以下に減らす。(昨年後半はやりすぎぐらいに飲みすぎた。体力も時間もお金も無駄にしたような気がするんで、自分の時間を大切にするための時間管理術としてもまずはここを切り崩さないと)
  6. 早寝11時就寝・早起き5時30分起床を復活する(子供か、と言わないで下さい。先生からは睡眠時間を減らすなと言われてるんですが、朝の時間は貴重です。両立するなら早寝が大切だと思います。これもやはり自分の時間作りのためもあって)
  7. ストレッチ運動を習慣化する(とにかく、このカチコチな体を早いことほぐす癖をつけないと、40代になってエラい目にあいそうなので。)
  8. 休日の生活リズムを構築する。ダラダラだけで過ごさない。(金曜日飲み過ぎて、土曜日終日寝込んだりそういうのをやめようと。ダラケるのにもメリハリをつけないとアカンなぁと。これも自分の時間作りです。)

こんな感じ。まあイロイロ並べましたが、全部守るために必死にはなれんだろうなぁと思ってます。結局酒好きだし、ダラケ好きだし…まぁ、あれやこれやと欲張らずケセラセラで今年もやっていきます。ハハ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »