« 映画のはしご | トップページ | 2007年謹賀新年 »

2006/12/31

2006年読了本ベスト10

12月31日、カールハイアセンの「ロックンロール・ウィドー」を読み終わり。もうこれ以上読了本はでそうにないので(次に手をつけたのはダークタワーの第1巻「ガンスリンガー」である。残念ながらこれから格闘技と年越しそばを肴に年忘れ晩酌をするので読了するなんてとても自信が無い)2006年の読了本ベスト10を下記のとおり決定しました。

2006年度読了本ベスト10

1.幸運は誰に(カール・ハイアセン)

2.愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ(琴音)

3.第三の時効(横山秀夫)

4.雷撃深度十九.五(池上司)

5.隣りのマフィア(トニー・ブナキスタ)

6.9ミリの挽歌(ロブ・ライアン)

7.ねこのばば(畠中恵)

8.煤煙(北方謙三)

9.たびを(花村萬月)

10.   神様から一言(萩原浩)

ちなみに読了作品は99作品(100にあと1冊とどかず!)114冊。ハイアセンと横山秀夫は他にも四つ星クラスが何冊かあったのだが、一番気に入ったものだけランクインさせた。結構バラバラで、いい言い方をするならバランス取れてると思うのだがどうですか?

最後に、今年もお世話になりました。来年もボツボツと駄文を掲載していく予定です。よろしかったら覗いてやってください。

|

« 映画のはしご | トップページ | 2007年謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42486/13279938

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年読了本ベスト10:

« 映画のはしご | トップページ | 2007年謹賀新年 »