« 中学生を恫喝することが教育の基本なのか? | トップページ | 父親たちの星条旗 »

2006/11/24

んなあほな、な教育改革

まずはここを観てもらいたい。教育改革国民会議の「一人一人が取り組む人間性教育の具体策」とかいうレジュメである。教育基本法を改正することについて、その中に愛国心を盛り込むことについて、原則僕は賛成してきたわけだけど、この具体策はあまりに馬鹿げている。こんな方針で教育を進められて日本人をどこに追いやろうとしているのか?それともこれは教育なのか?へんな新興宗教ばりの洗脳なのか?

例えば

・団地、マンション等に「床の間」を作る

これのどこが教育方針なんだ?これは建築基準法の問題とちゃうんか?

  • 学校に畳の部屋を作る
  • で、その畳の部屋で何をするのかが書かれていない。柔道でもするのか?暑い日に先生が寝転がって昼寝でもするのか?

    ・学校に教育機関としてのシンボルを設ける

    二宮金次郎像の復活?まさか金日成正日のように各学校に肖像画を掲げるか?日本を北朝鮮化するつもりか?(与党公明党は池田大作像でこれをやりたいのか)

    ・教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる

    責任の数値化、誰に自覚させるのか?子供か親か教師か?「うちの子が算数のテストで0点をとった責任は本人が半分悪くて、その半分は私で残りの1/8ずつは先生と世の中が悪いのよ、」ってなんだそりゃ?

  • 家庭教育について対話できる土壌をつくるため、企業やテレビと協力して古来の諺などを呼びかける
  • 日本語としてもおかしい(「諺を呼びかける」ってのはなんだ?)が、CMなんかで「秋茄子は嫁に食わすな、と申しますが…」とやって「お母さん、秋茄子は毒なの」「いいえ、おいしいものは女性が食べずに男性に食べていただきなさい、ということなのよ?」って教えるのかよ?「据え膳喰わぬは男の恥」とどうよ?「酒はキチガイ水」はどうよ?

  • バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う
  • 最早、なにがいいたいのかさっぱり分からない。仮想現実が悪って…。おそらく「残酷なゲームやアダルトビデオの世界にはまって現実との区別がつかなくなったらダメですよ」ってことを教えたいのだろうけど、それを教えたい人の日本語力がこれでは…

  • 名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する
  • 愚の骨頂。名刺ってのは個人の看板であるというよりも、自分が会社等所属する社会団体のどこにいるかを自己紹介するためにあるもので、そういうデータベースに「食欲一番」だの「テイク・イット・イージー」だの「八光一宇」(例えがロクデモないのは許せ)だのと信念を書いてどうすんの?まるで「血圧上がれば肉を食う、デッカちゃんでした」じゃないか。

    ともかく、国会議員さんという国民に選ばれたおえらい大の大人がこんな骨子で教育を振り回すってのは税金の無駄遣いにしか思えない。前段にも書いたが「国を愛する心を育む土台を盛り込んだ」教育基本法の改正についてはいいことだと賛成していた俺だけど、こんな骨子、賛成・反対以前の問題じゃないか?俺の上司にがこんなレジュメ持っていったら、「仕事を舐めてるのか」と一括で、即作り直しを命じられるぞ。

    やり直せ、教育とはなにかをもう一度考えて、場合によってはお前等自身が教育を受け直して、しっかりとした骨子を作り直せ。

    さんこうは「きっこの日記」でした。

    |

    « 中学生を恫喝することが教育の基本なのか? | トップページ | 父親たちの星条旗 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42486/12801762

    この記事へのトラックバック一覧です: んなあほな、な教育改革:

    « 中学生を恫喝することが教育の基本なのか? | トップページ | 父親たちの星条旗 »