« ゲッターは永遠に・・・ | トップページ | 本好きへの100の質問その16 »

2006/11/30

60億の次は30億

井川選手の入札最高額がNYヤンキースの2600万194ドル(日本円にして概算30億円)であったことが発表された。松阪の半額であるとはいえ、それでも凄い金額だ。

しかし、これで日本プロ野球界がメジャーの牧場化現象に拍車がかかったことは間違いない。エエ選手を育てて高く売る。まぁ、日本球界も高校や大学、社会人からエエ素質の人材を買ってきて育てているのだから、その流通の段階がもう一つ増えただけに過ぎないのかも知れないが。

ならば、育ちきった日本プロの選手を高く買うより、日本の高校球児や大学・社会人選手の中からエエ素材を見つけてきて自分のところで育成したほうが、安くて早く戦力を育成できるのではないかと思うのだが。それとも、メジャーも自分のところ(1Aから3A)で育てるより、日本で育った選手を買うほうがコスト的にも、おいしいのだろうか。

まぁ、ヤンキースも巨人の4番に阪神のエースを抱えるようになったのだから、なんとも不思議な時代になったものだ。面白い楽しみと思う反面、見る側としては日本球界の空洞化が非常に不安になるのである。

|

« ゲッターは永遠に・・・ | トップページ | 本好きへの100の質問その16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42486/12875581

この記事へのトラックバック一覧です: 60億の次は30億:

« ゲッターは永遠に・・・ | トップページ | 本好きへの100の質問その16 »