« ありがとうございます。アクセス数2万突破 | トップページ | んなあほな、な教育改革 »

2006/11/19

中学生を恫喝することが教育の基本なのか?

まずはこのニュースを読んでもらいたい→記事

僕は、教育基本法に愛国心を盛り込むことになんの反対も無いけれど、阿倍総理宛に送った署名つきの意見に対し、それに対していち早く(ということは政府の近くにいる人間が関係しているのは間違いないのだろう)匿名の恫喝をするなんて、タウンミーティングのやらせどころじゃない。これでははっきりいって恫喝政治だ、恐怖政治だ。。

「愛国心を強制させられるって意見しろ」とか教える教育もどうかと思う。その学校の日教組系のバカ教師が生徒を洗脳して、なんかヘンな意見書を書かせたのかもしれない。でも例えそうであっても、相手が実名ではっきり意見していることに対して、匿名でオドシは絶対アカン。やるならどこのどういう団体の誰かということを包み隠さず、はっきり意見しろって。

僕は日本が好きだから、タウンミーティングのヤラセのことと、この恫喝のことを考えるにつけ、与党たる自民党と公明党は愛国心を軽々しく政治の材料として扱っている態度に憤りを覚える。そういうことをしている安部首相を筆頭とするオマエ等は、愛国どころか亡国の徒にすぎないやないか!愛国心の値打ちをさげるようなことを、公僕風情とその取り巻き風情ごときがするんじゃない。

参考は、きっこの日記でした

|

« ありがとうございます。アクセス数2万突破 | トップページ | んなあほな、な教育改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42486/12746929

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生を恫喝することが教育の基本なのか?:

« ありがとうございます。アクセス数2万突破 | トップページ | んなあほな、な教育改革 »