« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

60億の次は30億

井川選手の入札最高額がNYヤンキースの2600万194ドル(日本円にして概算30億円)であったことが発表された。松阪の半額であるとはいえ、それでも凄い金額だ。

しかし、これで日本プロ野球界がメジャーの牧場化現象に拍車がかかったことは間違いない。エエ選手を育てて高く売る。まぁ、日本球界も高校や大学、社会人からエエ素質の人材を買ってきて育てているのだから、その流通の段階がもう一つ増えただけに過ぎないのかも知れないが。

ならば、育ちきった日本プロの選手を高く買うより、日本の高校球児や大学・社会人選手の中からエエ素材を見つけてきて自分のところで育成したほうが、安くて早く戦力を育成できるのではないかと思うのだが。それとも、メジャーも自分のところ(1Aから3A)で育てるより、日本で育った選手を買うほうがコスト的にも、おいしいのだろうか。

まぁ、ヤンキースも巨人の4番に阪神のエースを抱えるようになったのだから、なんとも不思議な時代になったものだ。面白い楽しみと思う反面、見る側としては日本球界の空洞化が非常に不安になるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/25

ゲッターは永遠に・・・

漫画家の石川賢先生が11月15日急性心不全で死去されたとのこと。→ココ

2ちゃんねるをブラブラ覗いていて、このことを知りました。はじめは「えげつないスレたてて、ひどいなぁ」と思ってたのですが、まさか本当だったなんて…

ゲッターロボの新作、特にゲッターロボ號以降の新しいゲッターシリーズは大好きで、エエ歳こいてと言われてもよく読んでました。特にメカの絵は本元の永井豪先生の絵をしのぐかっこよさで、鉄の機械感というか(2ちゃんねるのスレッドには油の臭いと書かれてたけど言いえて妙です)生々しさというか、迫力バツグンでホントのめり込むように読んでいたんだけどなぁ。

もう、石川ゲッターの新作は読めなくなるんだと思うととっても残念だ。享年58歳じゃ若すぎるよ。もっともっとあの油しぶきが吹き上げ、登場人物がみな熱い事しか叫ばない、気合満点の作品を読みつづけたかったのに。

こころより、石川先生のご冥福をお祈り申し上げます。作品の内容と合わないかも知れないけど、安らかに…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

父親たちの星条旗

昨日は平日なのだが、会社の粋な計らいだかなんだか一斉有給休暇取得日ということで1日休みとなった。平日に休みになると、嫁は仕事で娘が学校に行く僕の場合、家族サービスなしの一人の休みになる。せっかくの一人休み、しかも平日となると映画館にいくのが一番である。娘や嫁の好みにあわさずに済むし、空いてるし…しかし、いざ何をみようかとYAHOOの映画ページを検索しても、冬休み直前なこの時期ってなかなかこれってのがないんだよなぁ。

で、結局冬休みに公開される「硫黄島からの手紙」におおいに期待する僕としては、とりあえずその片割れの「父親たちの星条旗」を観にいくことにした。

硫黄島の戦場シーンも凄かったが、この映画でクリント・イーストウッド他製作者が言いたかったのは、戦争での英雄というのはでっちあげられたもので、英雄などというものはいないということなのだろう。日本軍の攻撃で散っていく米兵も悲惨であるが、帰国して英雄に祭り上げられた3人の生き残り兵のサーカス見世物的人生により悲惨さを見せるメッセージ性にそのことが良く分かる。戦争は格好良くないと悲惨だと静かに訴えるこの映画に好感を覚えた。うん、いい映画です。アメリカ人はこの映画を見て、ブッシュの取り巻きをはじめとする軍需産業体がしたがる侵略戦争についてもう一度考え直してみるがいい。イラクには侵略のための核兵器なんてなかったんだということをもう一度考え直してみるがいい。

それにしても、あの当時の日本はよく戦ったな。あの大国アメリカの戦争意欲をくじきかけていたのだから。確かにあの戦争は国力からいって絶対にアメリカに勝てたわけが無い戦争だったけど、政治・外交がもっときちんと機能していたら、沖縄戦や広島・長崎の原爆投下をはじめとする各都市への大空襲みたいに多数の民間人を巻き込むような最悪の敗戦はなかったのかも知れない。勿論アメリカの軍需産業体はそれを許さなかったかもしれないが、この映画だと世論は倦戦感にあふれかけていたようではないか。そうすれば、東京裁判なんて無かったかもしれないし、占領軍の日本人アホ化教育やシベリア抑留者たちによる赤化教育(朝日新聞や日教組ども)に振り回されることもなく、もう少し毅然とした戦後日本であったかも知れない。

そんな思いも込めて、「硫黄島からの手紙」にはやはり期待したい。でもこの作品、クリントイーストウッドだから多分大丈夫だろうけど、やっぱ日本人に作ってもらいたかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/11/24

んなあほな、な教育改革

まずはここを観てもらいたい。教育改革国民会議の「一人一人が取り組む人間性教育の具体策」とかいうレジュメである。教育基本法を改正することについて、その中に愛国心を盛り込むことについて、原則僕は賛成してきたわけだけど、この具体策はあまりに馬鹿げている。こんな方針で教育を進められて日本人をどこに追いやろうとしているのか?それともこれは教育なのか?へんな新興宗教ばりの洗脳なのか?

例えば

・団地、マンション等に「床の間」を作る

これのどこが教育方針なんだ?これは建築基準法の問題とちゃうんか?

  • 学校に畳の部屋を作る
  • で、その畳の部屋で何をするのかが書かれていない。柔道でもするのか?暑い日に先生が寝転がって昼寝でもするのか?

    ・学校に教育機関としてのシンボルを設ける

    二宮金次郎像の復活?まさか金日成正日のように各学校に肖像画を掲げるか?日本を北朝鮮化するつもりか?(与党公明党は池田大作像でこれをやりたいのか)

    ・教育の責任は当人50%、親25%、教師12.5%、一般社会12.5%であることを自覚させる

    責任の数値化、誰に自覚させるのか?子供か親か教師か?「うちの子が算数のテストで0点をとった責任は本人が半分悪くて、その半分は私で残りの1/8ずつは先生と世の中が悪いのよ、」ってなんだそりゃ?

  • 家庭教育について対話できる土壌をつくるため、企業やテレビと協力して古来の諺などを呼びかける
  • 日本語としてもおかしい(「諺を呼びかける」ってのはなんだ?)が、CMなんかで「秋茄子は嫁に食わすな、と申しますが…」とやって「お母さん、秋茄子は毒なの」「いいえ、おいしいものは女性が食べずに男性に食べていただきなさい、ということなのよ?」って教えるのかよ?「据え膳喰わぬは男の恥」とどうよ?「酒はキチガイ水」はどうよ?

  • バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う
  • 最早、なにがいいたいのかさっぱり分からない。仮想現実が悪って…。おそらく「残酷なゲームやアダルトビデオの世界にはまって現実との区別がつかなくなったらダメですよ」ってことを教えたいのだろうけど、それを教えたい人の日本語力がこれでは…

  • 名刺に信念を書くなど、大人一人一人が座右の銘、信念を明示する
  • 愚の骨頂。名刺ってのは個人の看板であるというよりも、自分が会社等所属する社会団体のどこにいるかを自己紹介するためにあるもので、そういうデータベースに「食欲一番」だの「テイク・イット・イージー」だの「八光一宇」(例えがロクデモないのは許せ)だのと信念を書いてどうすんの?まるで「血圧上がれば肉を食う、デッカちゃんでした」じゃないか。

    ともかく、国会議員さんという国民に選ばれたおえらい大の大人がこんな骨子で教育を振り回すってのは税金の無駄遣いにしか思えない。前段にも書いたが「国を愛する心を育む土台を盛り込んだ」教育基本法の改正についてはいいことだと賛成していた俺だけど、こんな骨子、賛成・反対以前の問題じゃないか?俺の上司にがこんなレジュメ持っていったら、「仕事を舐めてるのか」と一括で、即作り直しを命じられるぞ。

    やり直せ、教育とはなにかをもう一度考えて、場合によってはお前等自身が教育を受け直して、しっかりとした骨子を作り直せ。

    さんこうは「きっこの日記」でした。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006/11/19

    中学生を恫喝することが教育の基本なのか?

    まずはこのニュースを読んでもらいたい→記事

    僕は、教育基本法に愛国心を盛り込むことになんの反対も無いけれど、阿倍総理宛に送った署名つきの意見に対し、それに対していち早く(ということは政府の近くにいる人間が関係しているのは間違いないのだろう)匿名の恫喝をするなんて、タウンミーティングのやらせどころじゃない。これでははっきりいって恫喝政治だ、恐怖政治だ。。

    「愛国心を強制させられるって意見しろ」とか教える教育もどうかと思う。その学校の日教組系のバカ教師が生徒を洗脳して、なんかヘンな意見書を書かせたのかもしれない。でも例えそうであっても、相手が実名ではっきり意見していることに対して、匿名でオドシは絶対アカン。やるならどこのどういう団体の誰かということを包み隠さず、はっきり意見しろって。

    僕は日本が好きだから、タウンミーティングのヤラセのことと、この恫喝のことを考えるにつけ、与党たる自民党と公明党は愛国心を軽々しく政治の材料として扱っている態度に憤りを覚える。そういうことをしている安部首相を筆頭とするオマエ等は、愛国どころか亡国の徒にすぎないやないか!愛国心の値打ちをさげるようなことを、公僕風情とその取り巻き風情ごときがするんじゃない。

    参考は、きっこの日記でした

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006/11/18

    ありがとうございます。アクセス数2万突破

    本ブログの、アクセストータル数が2万を突破しました。ご訪問いただきました皆様に感謝し御礼申し上げます。拙く読みにくい文章で、意見主張にも偏りがないとは言い切れないこの「クロアンの日々」ではありますが、よろしければ今後ともご贔屓によろしくお願い申し上げる次第でございます。

    アクセス2万突破のお祝いに、今夜は鮟鱇鍋で晩酌と致します。(さっき、天満市場で2匹捌いてもらったんです。量もたっぷり、当然コラーゲンもたっぷり、明日はお肌ツルツルだぁ!)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ジェフがいなくなるかも、そしてドナドナ

    阪神の中継ぎの主軸といってもいい、ジェフ・ウィリアムス投手の来期契約交渉が難航しているらしい→記事

    これは、やばいぞ。JFKの一角で、この数年間中継ぎの中心として成績を残してきたジェフが、万が一にも阪神からいなくなることがあれば、来期の阪神の投手陣はボロボロになってしまう。井川は抜け、黒田の獲得には失敗し(まぁ、これは良かったと思うのだが)、さらにはジェフまでとなると、俺の二桁の掛け算暗算並に計算が狂ってしまうじゃないか。磐石の投手陣とつなぐ打線の野球で、強くなってきた近年のタイガース。なのに投手陣の計算がたたず、打線も兄貴も矢野もいい歳で今岡もどうなることやら未知数。赤星が今年並みの成績なら…。かつてのあの位置に戻ってしまうのか?甲子園は空いて観にいきやすくなるだろうけど…。

    それにしても、ストーブリーグとは言え、最近の野球界の話は金の話ばっかり目に付くなぁ。松阪が60億円、岩村が5億円でせりおとされ(なんだか家畜のせりのように思えるのは俺だけか?)、谷が巨人へ行ったのも、オリックスが高額年棒選手を抱えるのに困ったからだとか。野球選手なんてのは体を張って夢を与える商売だから、それなりのお金が動くのは仕方ないと思うし、球団も経営を考えれば利益だの損失だのを考えていかねばならないのは分かるんだけど、なんだか今の状態は行き過ぎのような気がするんやな。だってソフトバンクがダイエーから球団を買ったときの値段が50億円って言うんだから、松阪一人をおいしく肥やし育てて売り出した西武は球団を売るのと同じぐらい儲けたんやと考えると、ちょっとバブルな話じゃないですか。みんな身を持って良く知ってるようにバブルは崩壊するもんなんだから、こんなことばかり続いてると日本の球界はなんだかとっても危険なことになりそうな気がする。

    例えばハムのダルビッシュやロッテの今江やソフトバンクの和田やヤクルトの青木や阪神の鳥谷なんかが、どんどんとポスティングでメジャーに売られて、日本プロ野球はノリみたいにあっちでポイされた選手と育成中の選手だけでやってたら、当然面白い野球ではなくなるわな。なんか手を打たないと日本のプロ野球は終わってしまうような嫌な予感がするんだけど。

    ハンカチ王子も田中投手も結局は、日本牧場でおいしく肥え太らされて育てられ、アメリカに売られていくための子豚のようなものなのかも知れない。ドナドナでも歌いたい気分である。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2006/11/12

    故人の尊厳とは?送る側の誠意とは?

    昨夜、テレビをつけると「たけしの日本教育白書2006」という番組をやっていた。学校での教育崩壊の現場や、給食費を払わない親など、教育についての様々な問題を取り扱っていてなかなか見ごたえのある面白い番組であったんだけど、ひとつだけ気になるテーマがあった。

    ここ数年、お葬式の現場でお棺に入った個人の死に顔を携帯電話で撮影する人を多く見受けるようになったという。この事象に対し、スタジオでは「近い身内の人が撮影するのは個人を偲ぶという行為の表れなんだからいんじゃないか?」という雰囲気になっていて、唯一テリー伊藤だけが「故人には拒否をすることができないんだからあまりおおっぴらには撮影しないほうがいい」的なこといっていた。

    僕はこのテーマの討論を観て、写真を撮影する人たちには勿論のこと、「故人の身内なら偲ぶ気持ちの表れなんだからいいじゃないか」とコメントしたスタジオの人々に対してとっても嫌な気持ちになってしまった。故人を偲ぶ気持ちがあるのなら、理屈じゃなく死に顔を写真にとるような不遜な行為が良くないってことが分からないのだろうか?携帯電話で撮影してどうするのか?写メにして誰かにおくるのか?待ち受けにでもするのか?いや、馬鹿なコメンテータの一人が「携帯でとるっていうのが軽薄で良くない」っていってたけど、最高級の一眼レフで撮影しても同じことだろう。大体この日本の文化で育った人の中でどこのだれが自分が死んだ時の死に顔を写真撮影して欲しいと望むのか?生きている時の楽しい姿やカッコいい姿、例え酔いつぶれたボロボロの姿を撮影されるのは良いとしても、魂の抜けた死に顔を、呼吸もしないから中味が出ないように鼻の穴に詰め物をされたような顔を誰が記録に残して欲しいものか。

    この番組では日本の道徳が日本人の品格がテーマとなっていた。そんなテーマを取り扱っている番組で、こんな不遜な行為を正当化するような方向に結論を持っていく番組に疑問をもってしまった。視聴者アンケートで9割以上の人が「してはいけない行為」と答えていたのがせめてもの救いであった。フジテレビ及び「別にいいじゃない」的発言をした出演者は、もう一度故人の尊厳、死者に対する敬意の気持ちについて考えて戴き、大いに反省して欲しいと思うのである。

    | | コメント (0) | トラックバック (4)

    2006/11/08

    黒田広島残留で何故かほっとする

    広島カープの黒田投手が広島残留を決意した(まぁ、メジャー挑戦権を残した玉虫色的なものではあるものの)ことに、何故かほっとした僕は阪神ファン失格でしょうか?井川がメジャーへ行くことがほぼ確実で、下柳も来期はさすがに厳しいという虎投陣を考えれば、黒田投手が阪神にきて欲しいという気持ちは当然ながらあったのですが、シーツがいて金本がいて町田がいて黒田では、広島の実績ある高額年棒選手を軒並みかっさらってチーム作りをしているのが露骨。勿論かつての弱いタイガースに戻るのはイヤなのですが、工藤、落合、清原、江藤、マルチネス、ローズ、豊田等を獲得してきた巨人のような醜態をさらして欲しくないという気持ちもあります。(今年も谷やら小笠原やら…)理想はやっぱり昨シーズンのロッテか、せめて今年の日ハムかドラぐらいには生え抜きを主力にしてもらいたいのです。

    若手で有望な投手をたくさん擁している我等が阪神。意気のイイ若トラの左投手が井川の抜けた穴をきっちり埋めてくれる来シーズンであることを望むのです。いや、投手ばかりではない、鉄人金本はともかく、矢野も桧山も今岡だって最早ベテランの域に達して随分たつで。キャッチャーも内外野手も、鳥谷や関本や林のようなエエ若手が台頭してくる余地はあるんだから、是非若トラたちには頑張ってもらいたいなぁと、そう言う意味でも他球団の主力選手を必要以上にかっさらってくるのは興ざめするので反対なんや。

    ところで、今シーズン、アリアスが巨人のユニフォームを着てる夢をみました。なんだったんだろ?

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2006/11/05

    本好きへの100の質問その15

    029. 読みかけの本にはさむ栞は、何を使っていますか?

    その辺にあるもの、手元近くにあるものをなんでも使います。新刊で買った時についている栞や新刊案内、レシート、使い終わったプリペイドカード等々。使いやすくてカッコいい栞を1つ持って大切に使い続けられればいいのですが、根が不精なもので、使っている栞がすぐどこかに行ってしまうので、いいものを持っていても勿体無いだけなんで…。

    030. ブックフェアのグッズを新たに誕生させることになりました。あなたが「これなら欲しい」と思うグッズを考えてください。

    手にしっくりとくる、汚れの目立ちにくい、丈夫な文庫本用ブックカバーなんてどうでしょう?

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »