« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/30

本好きへの100の質問その13

025. 本を読んでいて分からない言葉があったとき、意味を調べますか?

小説であれば、調べません。前後の文面から判断します。本を読んでいる時にそう都合よく辞書があったり、PCが起動してたりするわけではないので、調べたくても調べられない時が多いのと、読書のリズムを崩さないようにするため、なによりめんどくさいからです。

026. 本を読む場所で、お気に入りなのは?

  1. 布団の中、とにかく就寝前は本を欠かせません。休日なら起床後のまどろみの中で開く本も気持ちよろしい。
  2. 電車の中、最近は寝てしまうことも多いのですが、レールの独特のリズムに揺られて本を読むのは気持ちよい。30分ぐらいならあっというまですね。
  3. 公園のベンチ、できれば晴れた日の木陰のベンチ。季節は丁度今ごろの初秋~中秋。片手にビールなぞ持ちまして、のめり込める冒険小説かミステリーを読めば、肌寒さに気が付けば日暮れってなことも。
  4. コタツの中、12月から2月頃まではコタツ読書が最高。みかんとお茶をコタツの上において、時代小説なんかを読んでいて気が付けば夕飯時、本を置いてそのまま熱燗でお鍋にシフトするなんていう、週末の午後が幸せなんやなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/24

絶叫マシンでウツな気分をぶっ飛ばす!

土曜日の夜、仕事のことでイロイロあったり、家でもちょっとゴタゴタしたりで、精神的に落ち着かず、グタグタ悩んで、日曜の朝まで2時間も睡眠が取れなかった。ウツの再発兆候有りなのかなとかなり心配だったのだけど、家族もそれを気にしてくれたらしく「家にこもってたら余計に塞ぐから、気分晴らしに遊園地に行こう。」と誘われる。はじめはあまり乗り気でなかったのだが、一人で家でいたら、夜の続きでグダグダ気分が続き、ウツがひどくなりそうな予感がしたので、結局同行することにした。

で、行ってきましたエキスポランド!ほぼ1年ぶり。ちょっと張り込んで家族全員フリーパスを購入。というのも、この1年で娘の身長が140センチを越えたので、乗れない乗り物がなくなったので、高いジェットコースターを中心として絶叫マシンに乗りまくり、大声で悲鳴をあげてウサを晴らそうという狙いなのだ。早速、「スプラッシュ・フォール」というとてつもなく大きな水しぶきをあげる急流すべりを手始めに、ブランコ型「おろち」長距離型「ダイダラザウルス」たち乗り型「風神雷神II」急カーブ型「ワイルドマウス」のジェットコースターをはじめとして、回転絶叫系の「ワイルド・ストーム」「トップスピン」「空中ブランコ」その他名前すら覚えていないマシンや、苦手なので僕は辞退したが「おばけ屋敷」等々で絶叫絶叫しまくって、ストレスを、ウツな気分をぶっ飛ばした次第。最後に大型観覧車「テクノスター」でシめるまで、朝10時から夕方4時まで昼食時とおやつの時間と乗り物待ち時間(長くても20分)を除いて乗りに乗りまくってしまいました。

フリーパスもモトは充分とっただろうぐらいの遊びまくり方で、もうクタクタになって、でも非常に心地よい疲労感を感じつつ、夜の悩み事も心の持ち様がしっかりポジティブになって、ナンも解決はしてないんだけど、コレデエエンヤ的に考えられるようになった。誘ってくれたウチの家族に感謝である。家族は支えてくれてるなぁと、帰りのモノレールの中で疲れた顔でうたた寝する嫁さんと娘の顔を見て深く感じ入ってしまった。犯罪とか無茶な借金とか友人の保証人になるとか、そんなやってはいけないことさえ犯さなければこの家族で幸せに生きていけるなぁなんて、ちょっと嬉しくなってしまった。

しかし、さすがに2時間睡眠で、絶叫スリルマシン乗りマクリは疲れる。帰宅して鏡を見てびっくり、目の下にデイゲームの野球選手バリに真っ黒な隈が…。でも気分は充実してるからエエんや。風呂にゆっくり入って、昼のお弁当の残りと昨日の晩御飯の残りで晩酌して、アリナミン飲んで、とっとと布団にもぐりこんで寝てしまおう。ポジティブな気分のままで…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

思想・良心の自由を悪用するな

教育の場で国旗の前で起立し、国家を歌うことを強制することが憲法違反になるらしい。→記事

なんじゃ、この判決。日本国民が日の丸に敬意を表し、君が代を斉唱することを教えて何が教育違反だ?一部反国家悪組織日教組が主張しているだけでも腹立たしいのに、裁判の判決として、こんな結果がでるのは非常に残念でならない。

判決では「思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」からとあるが、それなら校歌はどうなのか?校旗はどうなのか?「僕の思想ではラジオ体操は主体思想的マスゲームにあたる」と考える生徒はラジオ体操をしなくていいのか?「同和教育に入れ込みすぎの今の道徳の授業は私の良心に反する」という生徒は道徳の授業にでなくていいのか?教師が良くて、生徒がよくない理屈はないだろう。こんなことをまかりとおしていたら日本の教育現場は無茶苦茶になるぞ。裁判官はそういうことも良く考えて判決を下したのか?この判決絶対不当判決であると思う。

東京都は上告するという。是非とも応援したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/17

子供・親・教師・みな体罰の腹をくくれ

小学生の校内暴力が増えているという。キれる小学生の責任は誰にあるのか?答えは簡単で、本人と親と教師である。社会環境とかなんとかそんなのは背景であって原因ではない。最近どう考えてもヘンな若者が増えているが、小学生のうちからこんな反社会的(というか主義主張もなくただただ秩序を乱している)な人間になっていると、へんな若者も増えるのも当然である。

親は何をしているのか?今小学生高学年の親と言えば、丁度バブルの恩恵を蒙ってたかその崩壊の序曲をを味わってるかの世代。つまり、自分の人格形成期に世間(ひいては自分の親は)はあぶく銭を追っかけまわしてマンションやら株やら高級車やらを売買しまくてったわけで、人としてのやってはいいこといけないことそんな道徳教育が一番薄くなっていたのであろうかと想像する。大人になりきれていない大人が育てた子供。そんな子供が家庭で受けるべき道徳人間教育を、親から受けていないのは当然である。親は家庭教育を放棄しているのだろう。「人に迷惑をかけてはいけません」と教えられていない子供が人に迷惑をかけるのは当然であろう。

学校は何をしているのか?バブル崩壊後、公務員は倒産の可能性のない(少ない)安定した職場として受験者が殺到。特に教師は土日は完全に休めて(運動会等の行事では振替休日がチンと整備してあり)夏冬春休みは形だけの出勤。本気で教育に取り組めばいろいろと忙しいのであろうが手を抜こうと思えばこれほど楽な職業はないといわれる。しかも問題教師もほとんどの場合懲戒免職や減俸処分はないという。こりゃいいと教職員試験受験者が殺到。結果受験に合格した勉強人間が多く教師になっているのであろう。えてして受験合格を目標にしてきた人間はルールを遵守するのは得意であるが、冒険は苦手なのである。生徒がおとなしく着席しているうちは素晴らしい授業を展開できるのかも知れないが、いざ生徒が予想外の暴れ方をすると「やめなさい、だめですよ」と声をあげるだけで団体行動について何も指導できていないのではないか?

僕は子供に対する体罰、きつい言動での指導は必要だと思う。どこのバカかアマちゃん教育評論化が広めたのか(おそらく日本を滅ぼすための悪の組織日教組の一派だと思うが)「子供は誉めて育てよう。」「頭は叩くためでなくなでるためにあるのです」みたいなバカけた教育論が蔓延してしまっているのが、小学生の暴力化を広めているのである。愛情をもってしかるべき理由があれば体罰をもって子供を罰するべきである。その心と体の痛みを持って反省したことのない経験のない子供は、武器として自らの拳を無差別に相手に振るうようになる。その子供は人間に成長しきれていないけだものの心をもったままだからである。

親はまず、自分が子供にどういう指導をする必要があるのかをしっかり把握し、自分の子供が悪いことをしたら、それが何故悪いことなのかを言葉でキチンと叱りそれでも直らなければ、自らの拳で自らの子供を叩いて叱るべきである。子供がどのように痛みを感じているかを理解した上で、(オオベタな言い方をすれば)愛を持って振るう拳は虐待ではない。他人様に迷惑をかけるなら自分の子がいたい思いをしてでも、それをやめさせることの必要性を親はしっかりと理解すべきである。

教師・学校も団体生活を維持するために異分子に対するそれなりの体罰を実施する覚悟を持つべきである。異分子を異分子にしないためにも、「今お前がやった行動はこの学校という組織の中ではルール違反なのだ、だから罰する」というかっこたる態度で体罰を施すべきである。勿論その子に対する更正の意味合いもあるが、その子のために他の生徒が迷惑を蒙っているのなら、多数を犠牲にしないためにも異分子(になろうとしかかっているもの)は同化させる努力若しくは排除する努力をすべき。他のまじめな生徒が可哀相である。デモシカとかココナラ教師は考え方を改め、自分たちが受け持った社会人候補生にまっとうな団体行動を取れるように拳を使う勇気を持つべきであると思う。

暴力を否定する気持ちは分かる、暴力は何も生まないという理想論も分からないでもない。でも今後の日本を背負ってたつべき、子供達が道を外そうとする時(あるいは外した時)「はずしたら駄目ですよぉ」で更正すると思うか?俺は自分の経験からも絶対にそんな甘いものではないと思う。殴っても蹴ってでも道に戻してやるのが教育である。

世の親よ、さらには教師よ、拳を固める勇気を持て。小学生は神ではない。国の宝物ではあるが磨かなければゴミとなる石ころである。今のままでは10年後20年後石ころだらけの日本になってしまう。

世の子供達よ、自分がまだ磨かれる前の原石であることを知れ。早実の斉藤選手が大学進学を選んだ勇気をよく考えろ。自らを磨く期間にあることを実感しろ。お前たちはまだ一人前の人間ではない。半人間なのだということを自覚しろ。叩かれて殴られて、更正すれば許されるその世間の優しさに感謝しろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/16

自責腹痛日記

水曜日からずっと胃が痛い。断続的にキリキリ痛むのである。水曜日はまだましだったのだが、木曜日になってキリキリの周期が10分に1回ぐらいの頻度で、しかもしゃがみこむぐらいの痛みになってきたので、会社を休み医者に行ってきた。先生の見立てでは胃が荒れているとの事。「胃に負担をかけるような食事を続けませんでしたか?」と聞かれた。

確かに、飲んだあとラーメン(しかも替麺つき)とか、焼肉の〆に大ご飯とスープと焼きレバーとか、飲み会でいたづらで作ったタバスコ瓶半分かけピザを2切れ一気食いしたり、思い当たることおおあり。仕事も無茶苦茶忙しくて思いつめることがたくさんあるのだけど、今回はどうやらストレス性ではなさそうである。

木曜日は寝て直そうと思ったのだが、1時間に1回ぐらい携帯がなって、休んでるんだか自宅勤務してるんだか分からない状態になってしまい、休んでも意味無いわ、と思って金曜日は痛みの治まらないまま出勤した。熱があったりするわけでなく単純に10分に1回の激痛に耐えれば良いだけなので、会社にいるほうが仕事面では気が楽である。10分に1回しゃがみこんで激痛に耐えつつ仕事を20時30分までしたところで、帰宅。本当ならこんだけ頑張ったんだから晩酌が楽しみなんだけど、当然禁止。雑炊をすすって薬を飲んで就寝。ツマンネ…。

今日から3連休なのだが、おいしい食事生活は遅れそうにもない。うどんとかおかゆとかウィダーインゼリーとか…、鬱もつらいが、食事を制限されるわ激痛が周期的に襲ってくるわのこの病気は、ホント早く直って欲しいものである。

とりあえず、安静にしろとは言われてないのだが、栄養が足らないので元気が出ない。3連休はおとなしく自宅療養し、読書・ビデオ・ガンプラその他で過ごそうと思ってる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/10

本好きへの100の質問その12

023. 本に関することで、悩んでいることは?

最近、読書力が衰えてきているのが一番の悩みです。今までなら読みこなせたジャンルの小説に苦戦することが度々出てきてます。特にSF・ファンタジーの小説に弱い。海外ミステリーのリーガル系も弱くなってきたかな。読書力復活には何をすればいいのでしょうか?誰か教えて!あとは、電車内読書が進まなくなったこと。座ってしまうと即うたた寝です。夜の睡眠時間だけで足りる方法を誰か教えて!

024. 速読派と熟読派、あなたはどちらに該当しますか

間違いなく速読派ではないです。出来るサラリーマンになるためのノウハウ本なんかを読んでみると「本ははじめから終わりまで読むのではなく、はじめに斜め読みして、自分に必要なところのみ熟読すればいいのです。そうして1日1冊月に20冊の書籍を読んで情報収集に努めましょう」みたいなことが書いてありますが、とても無理、大体出来るサラリーマンになるより面白い本にめぐり合える活字中毒読書人になりたいのです。活字中毒者は本に情報じゃなく読み応えを求めてますので、斜め読み速読は無理。さらには上記の通り、読書力の低下が気になる昨今、1冊の本にかける時間は増大の傾向をたどっています。熟読派といっていいとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/09

慶祝の裏で

まずは、皇室に新宮様が誕生したことに心からお祝いを申し上げたいと思います。新宮様が元気に健やかにお育ちになることを心より祈念申し上げるとともに、皇位第3後継者としての重圧に負けず立派な宮様になって欲しいと思います。天皇陛下は日本の象徴であり、そのご一族もまた(法律には明記されてなくとも)そうであると思うからです。

ところで、乙武氏のサイトが炎上しているみたいですね。確かに、

世間は昨日から「めでたい、めでたい」と騒いでるけど……
ひとつの命が誕生したことがめでたいの?
それとも誕生した命が「男児だったから」めでたいの?
どちらにしても。
これで、また大事な議論は先送りにされてしまうんだろうなあ…。

この言いようでは、なんだか新宮様が生まれてきたことが、大事な議論とやら(皇室典範の改正のことなのか?それ以外の諸問題をウヤムヤにされてしまうのを危惧しているのか?)を先送りされる良くないことだ、と言ってるようにとられても仕方ないような気がします。もう少し素直に書けないものかな?ベストセラーを書いたくらいの文才のある乙武氏がこんな誤解を生む文章表現はいただけないと思うよ。後のいいわけ記事で

男であろうが、女であろうが、皇室であろうが、民間人であろうが、命の重さは等しく、尊ばれるもの。そう思っていた僕には、内親王がご誕生した時よりもはるかに舞い上がった今回の慶事ムードに違和感を覚えてしまったのです

とも書いていますが、それもちょっと違うんじゃない?命の重さは等しく尊い、そうかも知れないけど、でも周りを取り巻く環境が違うじゃない。残念ながら内親王様は女性であられた、現行典範ではお世継ぎになられないのです。民間人とご成婚でもすれば皇室からもお離れになる存在なのです。万世一系の天皇陛下のお血筋が途絶えるのか?日本国民の象徴としての天皇家の存続を考える時、お生まれになったのが男児か女児かは大きな問題になってしかるべきです。国民もそれをよく分かっていたということでしょう。

僕は久々に国民誰もが素直に喜べる素晴らしいいいニュースに接することができて、とても嬉しかった。新宮様が男児であったことも現皇室典範上で皇室の状況を考え、不遜な言い方をあえてするなら、万世一系の皇室系譜を維持して上で非常に喜ばしいことだと思う。マスコミの狂乱も秋篠宮様ご一家に迷惑がかからない範囲であれば、めでたいことだし、まぁご一興だと思う。日本国民だものみんな素直におめでとうと思えばいいじゃないか。

いろいろ書いたけど、たまには理屈を述べずにめでたいめでたいと思っていたい、そんな時に水を挿すようなことを言うなよ、野暮だぞ乙武。ようはそういいたかったのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/06

秋の予感と阪神日記

スポット的に仕事が小康状態。奥さんが仕事が遅くなるということで、仕事を早めに切り上げ、娘を学童保育に迎えに行く。娘と帰宅後、嫁もすぐに帰宅。晩御飯(とんかつ・手羽の煮物・具沢山味噌汁・ご飯・酒抜きの休肝日)を戴いた後、阪神VS巨人戦を観たりしてのんびり過ごす。こんな毎日だったら幸せなんだけどなぁ、というぐらい平穏な1日。23時就寝、涼しくなって随分寝やすくなってきた。秋の感触が心地よい、肌に感じる乾いた空気を味わってじっくり眠ってしまう。いつまでも布団にいたい気分になる。

阪神、この瀬戸際に来て絶好調、まさか逆転優勝というのはないであろうけど、首位中日の独走を少しでも食い止めることができるよう頑張って欲しい。パ・リーグではプレーオフがあるにも関わらず3位以上の上位チームが熾烈な戦いを展開していて、すごく盛り上がっているんだから、セ・リーグも醒めたような状態にならないで欲しい。

そうえいば、紀子様、本日ご出産予定ですね。男児を生んで皇位継承問題を先送りして欲しい気もあるのですが(そうなると雅子様の立場がまた微妙になりますねぇ。)性別はとにかく母子ともに元気に出産を迎えて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

仮面ライダーアギト、見終わりました

ようやく「仮面ライダーアギト」全話を観終わりました。うーん、正義のヒーロー物として非常に良く頑張ってるし、青春路線も良し、製作サイドの視聴者を舐めたような手の抜き方も見当たらなかったし、概ね面白いんだけど、残念ながら張った伏線の展開し残しが多すぎるような気がするなぁ。その引っ掛け忘れた伏線が中途半端を感じさせるねんなぁ。例えば…

  • 本物の津上が正義(人間)の側に寝返った経緯がボヤけている。
  • ギルスとはなんだったのか?進化の過程なのか、もう一つの完成形なのか?
  • 真奈の超能力者としての存在が中途半端
  • 真奈の父親の死の謎に対する解決も中途半端
  • 木野は人間の敵としてのアギトとして登場させ、警察の北条一派と対決させるという展開のほうが面白かったのでは?
  • 氷川の目が見えなくなるエピソードがご都合主義になってる。もっと使いようがあったのでは?
  • 前作「クウガ」との時系列のつながりがあったのに(本来G-3システムは前作の敵未確認生命体への対抗手段として開発されていた)全然いかしていない。

等々。

まぁ、それでも「あかつき号」とアギトの謎の後始末のつけ方なんかはかなり見ごたえがあったし、3人(4人)のライダーの共闘も良かった。点数つけたら100点満点で65点というところかな。

さぁ、次は龍騎を観るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »