« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

2005年度、読了本ベスト10

12月31日現時点で読んでいる本が「オクシタニア」(佐藤賢一)単行本上下2段組の600P超で現在80Pまでしか読んでません。この後、風呂洗って、風呂入って、ドラえもん特番とK-1と観ながら熱燗飲んで・・・物理的に今日中に読み終われません。ということで、2005年度読了本は締め切りです。

では早速ベスト10を発表します。デケデケデケ・・・

  1. 死よ光よ(デビッド・グターソン)
  2. 博士の愛した数式(小川洋子)
  3. 葉桜の季節に君を想うということ(歌野昌午)
  4. 夜のピクニック(恩田陸)
  5. サイレント・アイズ(ディーン・クーンツ)
  6. カリフォリニアの炎(ドン・ウィンズロウ)
  7. 私の庭 浅草篇(花村萬月)
  8. 弥勒(篠田節子)
  9. 長恨歌(馳星周)
  10. 夏の庭(湯本香樹実)

欄外.文人悪食(嵐山光三郎)

という結果となりました。

12月読了の「葉桜・・・」「博士・・・」さらに「夜の・・・」は最後まで1位を争ったのですが、グダーソンは粘り強かった、面白かった。それにこの3作品、今更僕が1位というのもおこがましいくらい売れに売れてますしね。

もっと難しかったのは10位選考。宇江佐作品を一つくらい入れたいなぁ、「800」も良かったよなぁ、あ、沢崎りょう!なんて考えると選べない。「夏の庭」にしたのはああいう夏休みが好きだからです。

欄外の「文人悪食」は傑作なるも、小説ではないということで。

ちなみに本年度読了作品数は92作品でした。冊数では100冊越えてます。(上下巻も結構読んでますので)久々の100冊越え達成。おめでとう!俺!来年は作品数で越えたいなぁと思ってます。冊数では今岡の打点と勝負だ。(なんの話だか・・・)

個々の作品の感想は「クロアン堂」にて。(完全に宣伝)

皆さんの2005年読書生活は如何でしたか?では良いお年を!!

| | コメント (5) | トラックバック (2)

男達の大和

年の瀬も押し迫った12月30日。嫁は「男手はおっても、邪魔になるだけやから、晩飯時に荷物兼用で来てくれたらエエわ」と言い残し、本人の実家におせち作りのお手伝いへと行ってしまいました。で、僕は分担されていた大掃除(本棚の整理やその他モロモロ)を午前中にとっとと終えて、昼飯喰いと会社に忘れ物をとりに行きがてら難波へブラブラと。

遅めの昼飯喰って、会社に寄って(さすがに誰も休日出勤してませんでした。)、日本橋オタロードをブラブラして(「覚悟のススメ」TシャツなんてレアもんをGETしたりして)、それでも嫁の実家にいくにはまだ早いと思い映画館を通りかかると、なんとまぁ開演10分前。ジャストインタイムではありませんか。

で、見ましたよ「男達の大和」。

わざわざ、映画見なくても、日本人の男の子なら分かってるじゃないですか、知ってるじゃないですか、大和の最後は特攻なんです。自殺行為なんです。わざわざそんな悲劇を観にいかなくてもいいじゃないかと思うじゃないですか。分かっていてもあえて言います。それでも是非に絶対に見に行ってください。日本人なら、祖国日本の礎を子孫を守るために、死を賭して闘い散っていったたくさんの尊い英霊の姿を観に行ってください。とにかく観てください。

たかだか会社からさせられている仕事のプレッシャーに負けて鬱になんかになっていられること、お笑い芸人を競い合わせて今年は誰が一番素晴らしいかを楽しくお茶の間で見ていられること、阪神万歳、ハードロック大好き、映画もDVDもゲームもいいねえなんて言ってられること、こうして自分の気持ちをブログという場で表現できること・・・そんなこんな全て含めて、今俺たちがノウノウと平和な日本で生きていられる幸せ。

表現する言葉など浮かびません。とにかく、俺は英霊に感謝しなければならない。日本を、俺の親や俺や俺の娘達、子孫を守ってくれた英霊に感謝しなくてはならない。戦争に負けたからって彼等の行為は決して無駄ではない、無駄にしてはならない。卑下してはならない。「無理やり動員された学徒兵は可哀相だけど軍人は日本を戦争に導いた悪い奴」「日本は侵略戦争をしたのだから沖縄も広島も長崎も仕方がなかった」・・・そんな簡単に思わないで下さい。「靖国にはA級戦犯がいるから分祀しよう」そんな意見が、靖国で会おうと誓った彼等の気持ちをどれだけ土足で踏みにじるような物言いであるか・・・。

あの戦争で日本は負けました。当時の政治家と陛下はこれ以上国と国民の犠牲を払ってはならないとポツダム宣言を受諾しました。結果、魂を奪われる教育を施され、中国や韓国のいいなりになって日本を悪者扱いする大手マスコミ、勝者アメリカの言うことにNOが言えない政治家、そんなものがたくさんはびこってしまいました。敗けたのだから仕方ないのでしょうか?でも、そんな負け方でいいのでしょうか?そんな風になった日本を、天国の英霊はどう観てるのでしょうか?

思うことが多すぎてようまとめません。もう一度いいます、とにかく観てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/30

歌は世に連れ、首に吊れ

もう1週間前になるんだけど、年末年始、結構移動も雑務もあるけど音楽がかかってると、効率上がって時間もつぶれるよな、なんて言い訳を胸に秘め、首懸け型DAP(前にも書いたけど1GBも容量があるんだぜムヒヒ)、に入れる音楽用のCDをTSUTAYAで借りてきた、こんなの

全てベスト盤。これを全てシャッフルでかけ続ける。ポップロックス&コークなベイビーラブで運転手さん行き先はどこでもいいから僕を乗っけてくれないか、俺の話を5分だけでもいいから聞いてくれ、涙そうそう・・・なのである。最高。

ベスト盤はコアなファンにとっては邪道で日和ったものなんだろうけど、TSUTYAのお勧め棚から適当に見繕ったらこうなったのだ。これがHM&HRだったらこだわってこだわってアルバム探ししたんだろうけど(借りる前にCD買っちゃうんだけど)いいんだ。

このまま2月ぐらいまで(多分それぐらいには飽きるだろうし、何曲か頭の中で勝手に再生できる曲もできてくるだろうから)このままのラインアップでヘビーローテーションしようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/29

よし、年末年始

だぁ、2005年の仕事が終わったぞ!1月4日9時30分まで休みだぁ!!

見たいビデオに読みたい本に飲みたい酒、みんな揃えたぞ!ゆっくり年を越すのだぁ。108個の煩悩も払い落とすのだ!

さぁ、何して遊ぼうかぁ!・・・大掃除はおいといてぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/26

ブツブツとハゲに栄冠が!

M-1、決勝はベタベタに大阪ローカルでしたねぇ。麒麟に笑い飯にブラックマヨネーズなんて、日曜3時からの漫才特番で、カウスボタンの前にやってる3組みたいだもんなぁ。

ブラックマヨネーズはじめ決勝進出の3組とも、しゃべくりに勢いがありましたね。ああいう若者主体で審査員も比較的若い(仁鶴さんやら香川登志夫やらがいない、カウス師匠がいましたがカウス自体のやってる漫才が勢いとリズムが信条ですから)舞台ではとにかくガーッといく勢いが必要なんだなぁと思いましたね。ブラックマヨネーズはその中でも漫才としての構成が比較的きっちりして勢いのみに依存していたのではなく、見ごたえ笑いごたえ十分で堪能させて戴きました。

個人的には麒麟の空転が残念でしたが。(一歩間違うとこうなるのが漫才の怖いところ。決して受けてないわけではないんだけどなぁ。)笑い飯もハッピーバースデーで引っ張ったネタは山もきっちりしていて見ごたえあって1票差の2位も納得ですが、それでも昨日の舞台の出来だけを比較するならやっぱりブラマヨでしょう。文句なし。

アジアン、舞台に出てきていきなり、親指隠すネタではさすがに優勝させられへんで。イロイロな団体が黙ってないやろからねぇ。計算ならすげえけど。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/12/24

食生活50の質問その20

31.好きなおでんの具を一つ。

たまご。なんといってもアツアツのゆで卵が最高。通はだいこんや厚揚げなんかのだしの味の上手にしみた具がいいんだろうし、僕も決して嫌いじゃないけど、1つだけ選べと言われたらもう絶対にたまご!。

32.秋刀魚の塩焼き、大根おろしは必須?別に無くてもいい?

必須とは言いませんが、あれば嬉しいねぇ。片身と中味はそのまま食して、もう片身は大根おろしを乗せていただくのが一番嬉しいかな。できればすだちを添えてください。アツアツご飯か純米ひや酒は必須ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

1年遅かったんとちゃうか?

来シーズン、清原、中村紀がオリックス入りすることが決定的であるらしい。ブランボー、ガルシア、谷、北川等に頼っていた今シーズンの打線に比べれば、かなり大幅に厚みがでる打線になることに期待ができる。また、2人の人気選手を確保することでオリックス自体の人気も上がるだろうし観客動員も上向きになるだろうと予想できる。

でもね、個人的にはこの2人の行動に不満が残るのですよ。何故、何故、仰木監督が存命の時に、楽天その他に、選手が流出していき、選手層が薄くてどうしようもなく戦力不足の昨シーズンにオリックスに来てくれなかったのか?

清原は堀内監督とあれだけもめ続けながら、マスコミ対策で表面上だけ和解したふりをしてモヤモヤとすごした昨シーズン。オリにきてたらもっと納得できる野球ができたんではないの?

中村は近鉄球団のゴタゴタの隙を利用してアメリカに観光がてらに遊びに行ったような気がしてならない。仰木オリックスにいてくれれば・・・。

酷な言い方かも知れないけど、いまさら「仰木さんに恩返しをしたくて」みたいなことは、たんなるエエかっこしいですよ。もっとキツい言い方をすれば、死人を利用した卑怯な人気取りの言い分にも聞こえます。「孝行をしたいときには親はなし」ってね。

イチローも野茂も田口も日本に帰ってくるとは言ってないようですが、それでも彼等は仰木イズムを継承する孝行息子達ですよね。勿論今シーズンあれだけふんばった吉井なんかは言うに及ばず。

僕のそんな咽喉に引っ掛かった魚の骨のような違和感は、とにかく来シーズンバットで払拭してくれることをお願いするのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/18

朝令暮改

前の記事で「あまり医者にもかからないように・・・」といいつつ、実は医者に通わざるを得ない状況になってしまいました。どうも心が風邪をひいたようです。

ここ数週間、近くの奴から「いつも眠たそうな目をしてる」とか「注意力が散漫」とか言われてました。さらには1ヶ月前くらいから異常に物忘れが激しくて「今日持っていこう」と思ってカバンの上に乗せて置いた本をカバンを持つときにワザワザ横にのけて出かけたり、5分前に「℡しよう」と思ってたのにその5分で完全に記憶が飛んでいたり、日常生活にも支障をきたしつつありました。夜は3時間寝ると目が醒め、なんだか追い詰められた気持ちで眠れなくなってました。嫁がいうには毎日うなされていたようです。

仕事もどうでも良くなり、集中できなくなり、さらには自分のこと以外にかかわりを持ちたくなくなってきました。あれほど気持ち良かった自転車通勤も、寒いからだけでなくて気力が湧かず2週間ほどやめてます。「こりゃヤバい、人に迷惑かけんうちに医者行こう」と思って、初めて精神科の門を叩きました。

・・・結果、鬱病までは進行していないまでも、鬱の症状がいくつか顕著に現れていて(上に書いている事象は全て症状らしいです。)、このままだと鬱病になるのは時間の問題だとのこと。ショックでした。人からは「人を鬱にすることはあってもあんたが鬱になることは絶対ない!」って断言されてたのに、自分でもそんなもんかなぁと思ってたのに、モロいねぇ。

今は、精神安定剤をもらって、1日3回服用しています。睡眠時間をたっぷりとることが大切らしいです。昨日・今日は仕事も休みだったこともあり薬の作用もあり、8時間ほどぐっすり眠れました。(そういえば8時間ぐっすりなんて何ヶ月ぶりだろう)ってなわけで今は安定してますが、明日以降は正直ちゃんと社会人の人生やってけるか、心配ではあります。まぁ、なるようにしかならないんだろうけど、

なってみてはじめて分かりましたが、結構しんどい病気ですね。ブログにはあんまり個人的なオモロないことは書きたくないのですが、今回はさすがに自分の中では大事件だったもんで書かせて戴きました。次回からはオモロイことを書くように努力しますので、数少ない読者各位、退かないでよろしくたのみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金を取られて力がでないよぉ。

雑酒、所謂第3のビールにも増税の目が付けられました。少しでも安く生活を楽しみたいなとメーカーと消費者が考えて作った商品にまで、容赦のない増税なんて、本当に暮らしにくい世の中になるますねぇ。

定率減税も全廃。煙草も増税(まぁ、こっちは早くやめといてよかったなぁと思う次第で、やめた立場からはマイセン290円と言わずにきりよく300円にしてもいいんじゃないかとかってなことも思ってるのですが。)消費税も上がることは間違いないでしょう。税金ってとられるばっかりで還元が少ないように思えるんですよね。

今までの政治家のバカな製作のために借金が山盛りなのは事実なんだから仕方がない。しかも、実はその借財ってのは官庁受注の業務売上として民間企業も分け前を頂戴してたのだから、あながち政治家と行政のせいだけにもできない、そのつけをみんなで返していこうというのは不本意ながらも理解できます。でもね、せっかく高い税金を払ってるんだから、有意義に使ってもらわないと。無駄遣いをして「まだ足りない」では納得できませんからねぇ。例えば、こんなことに使ってる税金って無駄だと思いませんか?

  • 外国人の参政権賛成のための活動とか賛同する政治家の給料(非国民野党(あ、宗教与党も一部)のスパイ行為じゃないですか)
  • 中国へのODA(日本向け兵器の開発費になんで俺等の税金が?自殺したいのか?)
  • 北朝鮮への援助(金正日一派へのお小遣いまで俺等の税金か?)
  • 国連常任理事国へなるための工作(はっきりいって日本はまだ理事国入りの資格も品格もない国ではないですか?国家も貧窮してますので、もうエエかっこしてる余裕がありません。入れてるお金を減らします。エラそうなこと言ってる常任理事国の中国からもらってください。言うことは聞きませんが・・・ぐらいの正直な説明をしたほうが潔いと思うけど。)

等々、こんなの一杯あるでしょう。僕等もたばこをやめて1日の酒量を減らして、医者にもできるだけかからないように頑張りますから(ってこれ税金減るからあかんのか)、行政もとっとと無駄遣いをやめて、真に日本国民に役に立つ使い道を中心に税金を使ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

壮絶!巨星墜つ

仰木彬死す!

日本球界を支えた柱の1本として誰もが認めていいでしょう。名将仰木彬さんが亡くなりました。野茂をイチローをはじめ、吉井や長谷川や木田や田口らのメジャーリーグ経験者をはじめとする一流選手を育て上げ、西武ライオンズ全盛期のパ・リーグにおいて、近鉄監督1年目の運命のドロー、その雪辱を果たす2年目の優勝等々数々の伝説を生んだ仰木彬。

僕にとって忘れられないのは、やっぱり平成8年オリックス優勝のシーズンです。シーズン前に阪神大震災で大きなダメージを受けた神戸を本拠地にしたオリックス、「頑張ろう神戸」を合言葉にダメージを受けた市民にファンに勇気を与え続け、遂に日本一を成し遂げたあの伝説のシーズン。僕はリーグ優勝の瞬間をラジオで聞いて涙を流したのを忘れません。阪神ファンの僕ですが、1985も2003も2005も熱狂的で嬉しかったけど、1996のオリックスのあの感動には及ばなかったなぁと感じたわけです。

今シーズンも最後の最期までプレーオフ圏内の3位争いを闘いつづけた仰木監督。今はただただご冥福を祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

食生活50の質問その19

28.シチュー、といえばホワイトシチュー?ビーフシチュー?

タンシチュー、なんてカッコいいことを言ってみたいですが、実はタンシチューは1回しか食ったことがない。無茶苦茶巧かったけど、値段が・・・。ということで、チキンかシーフードのホワイトシチューが我が家の定番です。牛肉輸入が再開されればビーフシチューも定番になってくれるかな?

29.肉じゃがの肉は、豚、牛、鶏?

これまた、輸入問題。絶対牛が好きなんですが、コストを考えて、定番は豚です。肉豆腐も同じことが言えますね。豚がキライなわけではないのですよ。

30.鶏の唐揚げ、使うお肉はモモ?ムネ?

どっちかというと胸肉です。チューリップもいいなぁ。そうそう、ズリの唐揚げも美味いっすよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身内の失態を厳しく怒るということ

俺等が子供だった頃までのオカンって、自分の身内に厳しかったよね。友達とケンカして帰ってきたら「負けて泣いて帰ってくるケンカなんかするな弱虫」っていうかと思ったら、実際にケンカしてるとこ見かけたら、耳つかまれて引き離されて理由も聞かず「アンタが悪いに決まってる。謝んなさい」って怒られたり、学校や習い事の先生に「この子はゴンタクレのアカンタレですから悪いことしたら、遠慮せんとほっぺたの2、3発でもはって、目一杯怒ってやってください」って挨拶したり。ちょっと理不尽なくらい、今のお母さんの姿からは考えられないくらい厳しかった。別に子供に愛情がなかったわけではないと思う。ただ、自分の身内がよそ様に迷惑を掛けるということに非常に嫌悪感を抱いていたのだと思う。義務と権利の義務を優先する教育の根幹とでも言えばいいのかな。

んでですね、今、日本で一番有名な元建築士、姉歯の一家って創価学会員だったらしいですね。奥さんが家ノ前に聖教新聞を置いて「ご自由にお持ちください」なんてやってたり、そういえば創価大学のHPに卒業生の主な就職先にヒューザーの名前が載ってたのに、参考人質疑の前の日に名前が削除されたりしたんだそうです。

あれだけ大きな団体で信者もあれだけいるんだから、全員が善人であることは当然ないだろうし、この程度の関わりで「だからあの宗教団体は」みたいなことを言うのはおかしい。けど、国会質疑での公明党高木議員の質疑の強弱が木村建設の篠塚東京支店長の時とヒューザーの小嶋とでは全然違ったりしてたらしいし・・・どうも公明党の歯切れが悪いと聞く。こんな時こそ公明党は、厳しく強くあたるべきだったのではなかったのかと思うのですが?

週刊新潮12月15日号の記事を参考にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

ストレス発散衝動買いその2

仕事は相変わらず忙しい。朝サービス早朝出勤で7時過ぎから夜サービス残業で9時10時まで働いて積み残しの仕事がでるってのは、どういうこと?俺の能力がないのか、会社の人材配置が間違ってるか、どっちかなんだろうけど、このままじゃどっちかが破綻するでしょう。困ったものです。

ということで、ストレスはたまったままなので、発散の衝動買いをまたしてもやらかしてしまいました。今回は本屋が舞台です。

  • このミステリーが凄い
  • 本の雑誌1月号
  • トワイライト(重松清)
  • ぶっかけめしの午後(椎名誠)
  • 博士の愛した数式(小川洋子)
  • 風の騎士・グインサーガ105(栗本薫)

そして、これぞ勢いの衝動買いが

  • たびを(花村萬月)

この本は凄いぞ、単行本サイズの1000P越えでしかも、活字は小さく上下2段組!持ち歩くのも苦労しそう。寝床で読めば10分とたたずに腕がだるくなりそう。しかし、萬月の旅本だから内容には間違いなさそう。楽しみぃ!過労で倒れて入院しても、退屈しないで済みそうです。できれば倒れてゆっくり読書したいくらいなんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/03

ストレス発散衝動買い

仕事が妙に忙しい。朝7時から夜9時まで働いても、日々入ってくる仕事がこなせない。通常で8、残業して10こなせる容量に対して、毎日入ってくる仕事が15くらいな感じです。今日も休日出勤(午前中だけにしとこうと思ってますが)、ストレスたまっています。あぁぁ!!・・・ってな愚痴も去ることながら

ストレスは発散させねばなりません。時間があればストレス発散には、まとめ読み読書だったりはしご映画だったりなんですが、そんな時間があれば眠りたいような状況ですので、ここは安易にショッピングそれも仕事の合間を縫っての短期決戦。で買っちゃいました

Sany0010 こんなのあったんですねぇ。これ、怪奇大作戦のフィギアです。特に左の「京都買います」の岸田森と仏像のフィギアはいい!

さらに

Sany0011 勢いづいて、サーキットの狼の「ロータスヨーロッパ・レーシングスペシャル」のミニカーです。造形が細かい。なんとフロントの勝ち星マークまで細かく描かれています。

仕事に疲れて帰宅して、スーツを脱ぎ捨てる時、ふと目に入る「キングアラジン」と「ロータスヨーロッパ」で癒される心・・・。ってヘンなおっさんだと自分でも思いますが、好きなもんは仕方ないやんか!さぁ、今日もきばるぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »