« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/30

セ界制覇!次は悲願の日本一だ!

祝!阪神タイガース優勝!

勝った、何度も目の前で胴上げをされて悔しい思いをした、甲子園の巨人戦で決めた。

金本・下柳・矢野という僕と同世代の選手たちが、この試合もシーズンを通しても活躍した嬉しい優勝。

さぁ、次は日本一だ。ソフトバンクなのかロッテなのか西武なのか、相手がどこであれ今度こそだ。今度こそ・・・

暴徒化した奴等の姿は哀しかった。タクシーの上で騒いでた奴等の類は阪神ファンではありません、ご放念願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

駄作警報!ガンドレス

無知とは恐ろしい。予習とはなんと効果的で効率的なのか・・・。観てはいけないものをみてしまいました。くだらないものを借りてしまいました。時間をお金を無駄にしてしまいました。

アニメ「ガンドレス」駄作の極み、金を取って観せようという製作者に軽めの殺意すら覚える駄作中の駄作

聞けばこの作品、製作が劇場公開に間に合わず、強行ロードショーされたその映像は酷いを通り越したお笑い物として、コレクター垂涎??のネタにされてるとか。僕が見たビデオは完全版ということで、そういう酷い映像は改善されていましたが、それでも、いやそれだからこそ、ストーリー、キャラ立ち、そしてなによりスタッフの意思の低さが目立つ作品になっています。配給会社やら製作会社やらのトラブルが製作中になんだか色々あったようですが、だからってこんな作品を世に送り出すとは・・・。「いつも厨房に入ってる板さんが行方不明なもんでとりあえず女房に握らせました」っていってまずい以前の寿司を出したら、その寿司屋はつぶれるんですよ。

お願いですTSUTAYA梅田店さん、この作品を棚から下ろしてください。もしくは「マニア以外は見ないで下さい。作品の質が低いという理由での返金はお断り致します」というコメントを貼っておいてください。数少ないクロアンブログの読者様、観ないで下さい、手にも取らないで下さい。「やっぱ、オモロないやんけ」て言われても、私、一切責任負いませんから!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/24

食生活50の質問その12

18.ファーストフードでよく食べるものは?

特に気に入って通ってるようなファーストフード店やメニューっていうのはないのですが、今の季節のマクドナルドの「月見バーガー」シリーズだけは好きで毎秋食べてます。目玉焼きがのるだけで、豪華さといいボリュームといい、いつものハンバーガーがカスタム化されたようになるような気がします。「チーズ月見バーガー」と「Mポテト」と「チョコシェーク」体には悪そうですが、蟲惑的な魅力を感じませんか。あぁ退廃の歓び・・・(って大げさな)

ぱっと出来てさっと食べるっていう意味でファーストフードというなら、日本の伝統立ち食いうどん屋さんが一番良く食べるファーストフードです。選ぶメニューは日によってマチマチですが、たぬき(東京ではきつねそば?甘辛いあげとそばです。)に卵を落としてもらったのと炊き込み御飯のおにぎりというのが多いかな?二日酔で水分しか咽喉に通らない午前中を過ごした日の昼飯に最高です。七味を親の仇のように振り掛けるのがまた美味い!

牛丼も好きでしたが、豚丼になってからすっかり足が遠のきました。アメリカの牛肉輸入再開されて牛丼復活しても、昔のように通うかどうか?あのボリュームが歳を経た僕の胃袋にはキツそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/22

勝てたらいいなぁと思って・・・

下柳で勝って、いよいよM6です。ベテランの技と気迫の投球は凄まじかったそうで、そう言えば今年は下柳に何度も助けてもらってるような記憶があります。おおきに下柳!

さて、前に「現実的にはホークス」と書いた日本シリーズの相手ですが、なんとマリーンズがここに来て2ゲーム差の猛追。もし同率首位なら3位をのぞいて1・2位でプレーオフを行うというルールらしいです。バファローズとライオンズの熾烈な3位争いに意味がなくなってしまうかも!

さて、話をタイガースにもどしますが、昨日のヒーローインタビューは良かったけど、あれって下柳と金本だから許されるネタでしょうね。もし、桑田と清原なら、いやGを揚げなくてもピッチャーが井川なら・・・。好かれるって大切なことですねぇ、飼い犬が問題をおこしても、自主トレで格闘技をやっても許される愛される性格、好かれるってホント羨ましい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/18

祈りを今、君の元へ

テレビをつけて、チャンネルをクルクル合わせていると偶然放映していたのが、懐かしの「イデオン発動篇」。久々に観ましたが、やはりすごいなぁ。もうおおかた20年も前の作品だからCGも無いに等しいけど、映像にもストーリーにも力がある。僕自身もイデの力に引き込まれるように、最後まで息を飲んで観てしまいました。

コスモやカーシャ達子供達の戦う姿は、悲しみよりも怒りを想わせ、イデの力に翻弄されていく。結局イデはなんだったのか?知的生命体にとって憎しみとはなんだったのか?純真無垢な子供を守るイデ自体には邪悪さは無かったのか?

この作品の根底に富野監督が流そうとしたメッセージを、37歳になって人の親になった僕は未だに完全には理解できていなようで・・・ただ、戦闘の中で首を飛ばす子供やカララの美しい顔が狙い打ちにされズタズタになるシーンを見て、衝撃こそは2回目ということで薄れていたものの、20年前とは違う想いを感じたことは事実であって・・・でも、メシアは俺たちをどこに連れて行ってくれるのか?その答は見つかりもしない。

観終わって放心したままベランダに出ると、月がとっても綺麗でした。そうなんや、今日は中秋の名月やったんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休のんびり中

この三連休は子供の学童保育の行事を中心にのんびり過ごしています。今日はその行事も無くフリーの1日・・・。

今日はフリーマケットを冷やかしに舞洲にいってきました。青空で気持ちいいかと思いきや、9月も後半だというのに日差しがキツい暑い・・・。そんな中、汗をかきながら2時間ばかりお店を冷やかしましたが、めぼしいものはあまり見つからず、買ったのはコールマンのトートバック(中古品)150円のみ也。嫁と娘はTシャツなんかを仕入れてました。たくさん物を買わなくてもブラブラ冷やかしてるだけで楽しいのがフリーマーケットのいいところですね。これでもう少し涼しかったら、もっと居残ったんだけどなぁ。

日曜ですが明日も休み。阪神もマジックを1桁に減らしたみたいだし(藤川が打たれてたのが心配ですが)お月見だし、ちょっと夜更かしして読みかけのウィンズロウを読了してしまおうかなぁ。(どうやったら、マジックと月が読書に繋がるのか・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15

食生活50の質問その11

さらりと2題・・・

16.生野菜のサラダには何をかけますか?

マヨネーズが多いです。マヨラーではないですが、他のドレッシングは飽きが来るので、使い切る前にマヨネーズに戻ってしまいます。例外も多々あります、例えば、串カツ屋のキャベツにはソースです。夏のまるかぶりトマトには塩です。生人参にはマーガリンです。要するに節操なしです。ハハ・・・。

17.喫茶店で普段よく注文する飲み物は何?

ホットが多い。夏でもアイスコーヒーはあまり頼みません。昔はレモンスカッシュを頼むことも多かったのですが、ジュース系はコンビニでありもんを買ったほうが安くて美味しく思えるようになってからすっかりご無沙汰ですね。本当に美味しい紅茶が適当な値段であったらそっちも飲みたいのですが、まだまだティーパックもんが多いんですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

毎度おおきに大盤振る舞い

阪神強いぞ!ここ3試合で47得点って、打線も快調だし、昨日の井川も相変わらず調子悪いふてくされ投法でも1失点。風も阪神優勝に向かって吹いているようだし、今日ドラが負け若しくは引き分ければれば優勝マジック13点灯だとか。まぁ、落合ドラの粘り強さはここ1ヶ月くらい十分味わってるので、ここは期待せずにいましょう。

ちょっと古い話題だけど、星野SD阪神残留は嬉しいですね。元々三顧の礼を尽くして阪神に監督として来てもらったわけなんで、巨人が三顧の礼を尽くしてお願いし、星野氏本人がその気になれば、巨人招聘に応じていたってなんの不思議もなかったわけです。阪神ファンは「星野SDは阪神のもの」って気がしてるけど、本当は気がついてるのですが禁句扱いしてるのですよ。「星野氏は中日から来てくれた」のです。だからこそ勝手な阪神ファンの言い分としては、来期残留の意向発表は本当に嬉しかった。おおきにです。

さぁ、とっととセリーグ優勝をきめて、日本シリーズ頑張って行きましょう。相手はおそらくソフトバンクでしょう。(ロッテの可能性もあるけども、可能性だけで言えば西武・オリもあるけれど現実的に後者2チームは無さげです)王SBは、それこそドラどころじゃない圧倒的な強さだけど2003年のリベンジかまそうぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/12

自民圧勝は選択の余地がなかったから

カレー味のうんことうんこ味のカレー、どっちを食いますか?(のっけから失礼しました)

自民党圧勝でしたね。というか選択の余地がない、選びようがない。民主党は情けないの一言につきます、というか勝つ気がなかったのでしょう。政権とって苦労するのが面倒臭くて勝つ選挙をしなかったように思えてならない。

まぁ、ともかく、これで近い将来の消費税を含む増税も決定的、年金福祉もボロボロでしょう。つらい未来がやってきそうです。せめて人権擁護法案の否決と外国人参政権の拒否を貫いてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

宇宙戦争

娯楽大作で「EP4より面白いかも」という声も聞こえた宇宙戦争を観にいった。

EP4より良かったとは思わないけど、やはりスピルバーグでドーリームワークスであるから、それなりに良く出来ている。家族愛だとか宇宙人が絶対悪だとかご都合主義だとか、単純明快なストーリーが安心して観れる気がして良し。「ちょっと現実からはなれて、映画でも観てスカッとしようかな。」なんて時にはいい映画だと思う。それ以上ではないが、それ以上でなくてもいいと思う。

なんば敷島シネマはガラガラ。僕を入れても10人入っていなかった。今週末で終わるということで、旬はもう過ぎたということかな?けど、空いてる映画館の雰囲気は妙に落ち着けて好きやなぁ。アイスティーをジルジルチビチビと少しずつすすりながら異星からの侵略者から逃げ惑うトム・クルーズを見つつ、そんなことも考えたりしてた。

最新鋭のアメリカ軍の兵器を持ってしても苦戦の連続だった、恐怖の人類撲滅用宇宙兵器「トライポッド」。大阪では何体か倒したらしい。頑張ってるやんか、大阪!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

衆議院選挙に思うこと

選挙については、もっとはやくに触れていたほうが良かったのかもしれないが、どうも良く分からない(日常の忙しさにかまけて分かろうとしなかったのだけども)ので触れてなかった。しかし、まぁ9月11日に選挙日も迫ってきてることだし、この選挙に行かないのは国民としてどうかとも思うし、行くなら少しはいろいろ調べておかないとなぁ、と考えているところへTB野郎のお題になったようなので、きっかけにしていろいろ調べ始めたわけだけど、それでもなんだか良く分からない。とにかく票を投じるための僕なりの判断根拠をまとめておこうと思って、以下列挙する。(なんだか歯切れの悪い文章やな。)

  • 郵政民営化は賛成。但しこのことだけをクローズアップしてみることはしない。民営化が遅れてもたいした事はない。このことよりも日本にとってあるいは僕の生活にとって重要なことはたくさんあるはず。そこを見極めたい。
  • 憲法改正は賛成。日本は軍隊を既に持っているし、海外に軍を派遣している。(その是非はともかくとして)法律の大基といえる日本国憲法が現実と明らかに矛盾してるのは不健全である。又東アジア諸国の情勢を見るにつけ自国防衛のための軍備は必須であると思う。
  • 郵政民営化に隠れた各種の法案には十分留意したい。特に外国人参政権に賛成する奴、現行のままの人権擁護法案を推す奴には絶対票を投じない。
  • 増税はイヤだが、根拠のない反増税を掲げている党や候補者はもっとイヤ。
  • 北朝鮮の拉致を「そんなことはない」と言いつづけたり、よど号ハイジャック犯の仲間で環境団体を隠蓑に中革の運動資金を稼ぎつづけた女を擁立する某党には入れない。
  • 国政とはいえ、大阪にいい影響を与えてくれそうな候補者には票を投じてみたい。
  • 保育所の問題、学童保育の問題等実生活に迫った問題に真摯に取り組んでくれそうな政党には票を投じてみたい。
  • 政教分離は大原則。例えばこの選挙で「靖国」を問題にとりあげている候補者政党には一歩引いてみたいし、逆に何故か不自然に触れようとしない政党にも入れたくない。

等々、矛盾だらけでこの項目を全てクリアする政党などないのだが、できるだけ近い考えの政党・候補者を選んでみようと思う。

余談。特定郵便局長で某宗教に入信している方は今回どこの政党に票を投じはるんかいな?仕事をとるのか信心をとるのか、矛盾で苦しむのはイカンザキィィ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/01

食生活50の質問その10

13.目玉焼きには何をかけますか?

焼くときに塩こしょう。やけてから味が薄いなぁと思ったときはウスターソースをかけます。塩分とりすぎですねぇ。

14.ゆで卵の好みは固ゆで?半熟?

どっちも好き。ゆで卵大好きです。小学生のとき、親戚のおっちゃんと卵Lサイズ1パックを全部ゆで卵にして、おっちゃん2コ僕8コいっぺんに食べて、おばちゃん(そのおっちゃんの奥さん)に怒られたことがあります。コレステロール過多ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »