« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/29

ネバネバネバネバネバ(このタイトルで誰が分かるのか?)

金曜に東京出張から帰る新幹線で(そして新幹線待ちの時間も)飲みすぎ泥酔して帰宅。土曜日6時起床、8時より30分ばかり仕事。その後嫁さん娘とと一緒に学童保育行事の六甲山へハイキング。15時に芦屋川から阪急に乗って・・・

ZEPP大阪についたのは17時を越えていました。「SPIRITUAL BEGGARS」のステージは既に始まってました。このバンドのことは何もしりません。リフ中心の最近のHRだなぁという感じでしたが、ちょっとボーカル荒いなぁ。酷いとまではいかないけど、いまのところCD買ってまで聞こうという気にならないバンドでしたね。

1時間強のステージの後、セット準備の休憩。期待はドンドンたかまります。DIO悪魔のバックが吊り下げられると観客から歓声があがる。(僕もウォォォっと)観客席を見渡すと、いるねぇいるねぇ、元メタル小僧&お嬢、現メタルオヤジ&オバン。年齢層はジューダスのときよりさらに高いかな?服装は土曜日だけにスーツが少ない。メタルTシャツ率が高い、それもディオのものは以外と少なく、ジューダスやメイデン、ホワイトスネイク、AC/DC、GUN’S等々(何故か僕アンパンマンTシャツ)深く考えすぎかも知れないけど、こういう雑多なファンがみんなベクトルをあわせて待っている「ロニー・ジェイムス・ディオ」という男の凄さを感じます。

照明がおちた瞬間から、僕の脳みそから冷静さが消えました。冷静なコメントなんてできません。(いつもだけどね)以下思いつくまま箇条書き

  • とにかく、ロニーのボーカルが凄まじい。還暦越えてあの声量。1・2曲目マイクの調子が悪かったのか、ロニーの声帯がまだ硬かったのか、「あれれ思ったより」と思ったが、そんなことは全くないことがすぐに分かる。
  • 3曲目「Stargazer」だ!あぁ、オンステージだ。レインボウだぁ。感動、クレイグ、リッチーみたいなマイナーペンタトニック弾いてる。サイモンのドラムならコージーに負けてないよ。ルディもベースのボディ叩きまくりのノリノリアクション!
  • そして、ロニー、マイクを替えたからか。声が出てる。ばっちりヤン。カラオケショウになってないやん。ちゃんとロニーの曲やんか!さぁ、ロニーワールド本領発揮!!
  • 4曲目からベスト・オブ・ディオ状態!「Stand Up And Shout」「 Holy Diver 」「Sunset Superman 」「Don't Talk To The Strangers 」等々カッコいいぞ!!
  • さらにはサイモンのドラムソロ。クラシックにあわせてのソロはコージーパウエルを彷彿とさせる。テクはそれ以上かも。
  • クレイグのソロもカッコいい。小さい子がなんも知らんとみたら泣き出すに違いない、こわもての顔がたまにほころぶとすっげえいい。ギターの貫禄はさすがの一言。ロニーの相方としては最高のギタリストかも知れない。ヴィヴィアンよりもトニーよりもリッチーよりも・・・。
  • レインボウのナンバーからは「Man On The Silver Mountain 」「Long Live Rock 'n' Roll 」さらにはなんと驚きの「Gates Of Babylon」。あぁ、ロニーの声が出ている間に聞けてよかった生きてて良かった。
  • ブラックサバスからは定番の「Heaven And Hell 」。「Mob Rules」もええけどやっぱこれ聞かんとあかんわ。サバスのライブでトニー・マーティンのVoで聞いたけどこの曲はロニーの曲やと実感。(そういえばあの時のドラムはコージーやったんや・・・)
  • アンコールはこれまた定番の「Rainbow In The Dark」「The Last In Line」 エエ選曲やん。ずっと聞きたかった「ネバネバネバネバネバネバネバネバ」も聞けたし・・・。しかし、セットリストの予習をしてこなかった僕には(そして僕の周りの観客もかなりの人が同じ気持ちだったようで)ノリノリにヘッドバンキングしつつ不安を感じでいたのです。「まさかないのか?」
  • で照明が落ちたあと、絶叫コールしましたね。「WeRock!WeRock!WeRock!」これは勝手に思ってるだけですが、このコール1階席では僕が最初に叫んだね。ちょっと自慢。
  • やってくれましたよ、地獄やら悪魔やら中世やらと妖しげな事を歌ってるわりにはDIOは優しいおじさんの集まったバンドですよ。期待に応えてくれました。「WeRock」観客完全に往ってました。脳内分泌液過多状態です。

今月見た二人の神様。ロブとロニー、どちらもすげえ本物のボーカリストでした。幸せな5月。高校生から大学生時代にかけて、本当にむさぼるように聞いていた「レインボウ」「ブラックサバス」そして「ディオ」の曲を衰え知らずのロニーのボーカルで聞ける幸せ。元気もらいました。本当ありがとうロニー!まさしく願いはLong Live Rock 'n' Roll 長生きしてや

HR/HMを良い音で聞こう」にTBさせていただきました。

OUT IN THE COLD」にTBさせていただきました。

徒然なるままだし」にTBさせていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/21

闇より放つ永遠の鐘

ビデオで追っかけていた平成版のサイボーグ009を全話見終えました。→公式サイト

時々寄り道するものの、基本的には原作に忠実な仕上がりで、コミックからのオールドファンも前のアニメシリーズ(もう25年ぐらい前になるのか)からのファンも楽しめる内容になっていて、(001~004までが終戦直後に作られたオールドタイプってな新しい設定もありましたが、それも原作を平成に無理なくアニメ化するスパイスとしてはよかったのでは。)つくりも丁寧、CGもあまり表に出さず、石森テイストを極力前に出した感じが良かったです。

ただ、最後が尻すぼみだなぁ。原作どおり、流れ星を見る姉弟のシーンで終わってほしかった。正直あの「彼等は今も戦いつづけているのです」という50年代アメコミ的なクサイ終わり方なら「序章」は余計、蛇足以下ではないかと思えました。

主題歌も歌えない(笑)平成版より前のシリーズのほうが圧倒的に格好いいぞ。歌は前シリーズの圧勝ですね。

と苦情もいいつつも、仮面ライダーといいキカイダーといいこの作品といい、石森作品を愛し、長くそのサーガを伝承して続けていくフォロアーがいることは素晴らしいことだと実は思っています。僕みたいな作品を見て好きなことを言いたい放題するだけのファンも、巨匠石森正太郎とそのフォロアーに心の奥で感謝しているのですよ。(本当に)

さて、次は何を追っかけようか?とりあえず中途で終わってるクウガを再開しようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

ジューダスプリーストライブ!

メタルゴッド大阪に降臨!ということで行ってきました、ジューダスプリーストライブIN大阪城ホール。いやー良かった、やはりメタルゴッド、神々しい。

そもそも僕はジューダスにはさしたる思い入れがなく、(アイアンメイデン派、ってあるの?)アルバムもベストと今回の新作「エンジェル・オブ・レトリビューション」を持ってるのみ、予習に割ける時間もあまりなく、今回のライブもどうするかかなり迷ったのですが、結果的に行ったのは正解。「THE HELLION」から「ELECTRIC EYES」に至るオープニングですでに脳内の普段は隠れているなぞのスイッチが入ってしまい、おじさんおおはしゃぎしてしまいました

  • 「BREAKING THE LOW」のフォーメーション、カッコいい。
  • 「EXCITER」やっぱりいいぞ
  • 「PAINKILLER」さすがにロブは叫んでるだけのようなイメージだけど、それでも充分カッコいい。
  • アンコールの観客とロブの掛けあいも初体験ながら楽しめました。

いろんなブログを読んでると、ロブの声とアクションの衰えを指摘するものが多いようです。確かに旬のイケイケなバンドに比べると、50代の御大がHMを歌うのは厳しいものがあるとは思いますが、存在感はスゴイものがあります。圧倒されるその存在感を体感できただけでもこのライブ値打ちありでした。

ということで、すっかりライブ熱に犯されてしまった僕は、月末の「ディオ」ライブにも行ってしまうことになりました。今月は2人の神様に会うことになりそうです。

KISS専門店BLACK DIAMOND店長のブログ「KISSバカ一代」にTBしました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/12

世界一を目指せ

野球のワールドカップが開催されるということです。→記事

利益配分の問題等、未だいろいろ解決すべき問題はあるようですが、野球についてもサッカー並に国際化してほしいと思っていたのでこれはいいぞ。一流選手のメジャー流出を危惧する日本プロ野球ですが、こういう国際試合の大会を発端として生き残りの方策を再確立する方策を模索していくのもいいのではないでしょうか?

イチロー松井をはじめとして、かの藪までがメジャーで活躍できるということは、日本の野球のレベルは充分に世界一を目指せるレベルにあるはず。オリンピックでは残念ながら銅メダルに終わった日本でしたが、今度こそ金メダルを取って欲しい!

せやけどチームの愛称は「ナガシマジャパン」以外でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

利便性より安全性を!覗き見根性より正確で役立つ情報を!

JR福知山線の脱線事故から1週間がたち、GWも終わろうかと(この土日を入れれば終盤に差し掛かろうかと)しています。あれだけ大きな事故なのですから当然なのですが、未だテレビなんかの報道で多くの時間が割かれています。

しかし、この頃の報道は、なんだかピントがずれてやしませんか?

  1. 「利益優先、利便性優先が起こした不幸な災害」っていう表現で、JR西日本を批判する論調が目立ちます。「並行して走る阪急・阪神より速く」というのが、ものすごく悪いことのように表現してるけど、それを求めてたのは誰なんや?俺たち利用者とちゃうの?安全軽視でそれ等を優先したJRの経営方針・社風・安全方針ってのは、批判されて当然なことだとは思うけど、企業が利益を考え、消費者のニーズに応えようとすることまで安易にマスメディアで薄っぺらく批判するのは、どうかと思うけどなぁ。
  2. JR西日本社長が遺族の家庭に赴いて、許されるわけもないけどとにかくお詫びしているその映像を垂れ流したり、事故現場の近くの献花台に花を添える同社長が批判されているのを報道したりしてるけど、見ていて痛々しいよ。確かに被害者やその家族はJR西日本を決して許されへんやろ。その代表の社長に会ったら、そら無茶苦茶怒りぶちまけるわな。でも、被害者の側に立ってるような視線で、人が責められる姿を、一般視聴者に垂れ流すような人の心を考えない報道根性っていやらしいなと思う。見てる俺まで無関係やのに尻馬に乗って大騒ぎしてるようなクダラン奴になりそうなのでチャンネル変えることにしてるけど。
  3. 天王寺車掌区の社員が、事故の日にボーリング大会をしていたとかいうことで、批判されてるけど、そりゃアカンわな。事故のこと知ってたんやったら自粛せな。せやけど、それ調べてきた奴、マスコミにチクッた奴のほうが人間として最低やと思う。昔から自分に関係ないこと、先生にチクることで誉められようとする奴大嫌いやねん。

はっきりいって、ひねくれたヤジウマ根性丸出し。僕等視聴者もそんなイヤラシイニュースを求めてるからやろけど、求められてるからなんも考えんと垂れ流しする報道態度って「利便性」「視聴率」「安全性」「道徳」におきかえたら、結局はJR西日本と同じ轍を踏んでるのとちゃいますか?

JRを弁護するつもりは全くないです。でもマスコミはエエモンづらをしてるだけでいいのですか?肝心な情報を流してないのとちゃう?今、僕が欲しい情報は、今回の事故の本当の原因、JRはじめ電鉄各社の今後の再発防止対策(事故は他でも起こるのか?我々利用者はどういう対策をすればいいのか)、福知山線の復旧の目処、そして万が一被害者になったときのために、JRの被害者に対する補償の内容です。一般的にそれぐらいの情報が適宜正確に報道されれば充分ではないでしょうか?

野次馬根性、覗き見根性は被害者のこともないがしろにしているだけでなく、多くの視聴者の心証も害してることをマスメディアはいいかげん理解してください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/03

GW酒三昧

GWも後半戦に突入。しかしながら予定していた「ドラクエ攻略」も「深夜特別放送(ジョン・ダニング)読破」も全然進みません。以下のように酒ばっかり飲んでる長期休暇。

  1. 金曜日、河原でBBQ。朝9時30分から場所取りと称して飲みつづけ、夕方ダウン
  2. 土曜日、娘と動物園へ。昼飯にラーメン屋でビールを飲んだら勢いづいて、コンビニでフローズンカクテルなどを買い込み、昼酒
  3. 日曜日、会社の同僚たちが我が家を訪問。飲んだら楽しい精鋭メンバーばかりを招待したので当然のことながら、エゲツナイ量のアルコール飲料が消費されていく。夕方につぶれたが、主要メンバー帰宅後家に残ってた本物の猛者どもに引きずられてすし屋でまたしても飲酒。ぶっつぶれる
  4. 月曜日、持病の二日酔が悪化。「今日は布団にこもってジョン・ダニングを」と思ってたら昨日のメンバーの一人(北陸からの単身赴任者」から電話。「うちの嫁さんに大阪観光案内したるって約束してたんでしょ。どこで待ち合わせます?」・・・すっかり忘れてた。美人な奥さんなのでついついそんな約束をしてしまったのだ。とりあえずその夫婦(旦那のほうはどっちでもエエネンけど)を串カツ屋に連れて行き、生ビールを飲むがさすがに美味くない。そのあと、鶴橋で焼きたてチヂミとキムチで生再トライするも美味くない。でも飲む。

で、今日になるのですが、今日もいまから鶴見緑地公園へ弁当もって家族サービスです。屋外で飲むビールを外すわけにはいかないのです。帰宅後は今度は東京へ単身赴任している後輩と焼肉を食いに行く(当然生中とマッコリがついてくる)約束をしてるのです。

あぁ、肝臓よ、泣くな、耐えろ、つぶれるなよ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »