« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/31

失礼千万、将棋指し

園遊会での米長邦雄の国旗・国家発言が色々物議をかもしています。僕は東京都の教育委員という立場で「学校で国旗を揚げて、国歌を斉唱させるのが私の仕事です」といった米長発言については、反対しません。日本という国の東京という行政の中で教育委員という立場にいるなら、国旗と国歌に敬意を払うよう児童に教育することを啓蒙するのは大切なことと考えるからです。
(これは本来教育の現場にいる教師たちの仕事であるのですが、今の教師にはそれができない。給料泥棒・国家反逆罪クラスのカス教師が多いからですが、そのことについては話がずれるのでおいといて・・・。)
東京の教育委員が「日本中の・・・」と言ったことについても、勢い込んだフライングとして、まぁいいとしましょう。
(「世界中の・・・」って言ったらそれはそれで面白かったのですが)

そんなことは、ここでは瑣末な問題なのです。いや問題ですらない。
問題は、陛下が「やはり、強制になるという考え方でないことが望ましいですね」というお言葉を掛けられた後、まだお言葉を続けようとしておられるのに、米長は「ありがたい言葉を賜り、ありがとうございました。
と言い放ちお言葉をさえぎる愚挙にでた。いい間違いではない。テレビで見る限り、明らかに陛下のそのお言葉を中断させようとする態度が見え見えであった。
陛下のお言葉をさえぎり、なおかつ陛下のお言葉を終わらせようとする不遜。自分の発言に注意をされたお言葉だったから、自分の立場が危うくなるとでも考えたからだろうか?それにしても、「国旗と国歌に敬意を払うのが仕事」と言い放った男が、国の象徴と憲法にも位置付けられている陛下のお言葉を途中でさえぎるなんて、しかもその場は園遊会という場。なんという不遜・傲慢か!

そのことを反省しない米長に教育委員をする資格無し。責任とって、とっととやめてしまえ。続けるなら「皇室に不敬な態度をとった左翼のヒーロー」として韓国・朝鮮・中国よりの立場で続けたらよい、できるならだが。
石原知事、あなたどう思います?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/30

生まれ変わったら

トラックバック野郎のお題です。
生まれ変わりたい!と思うほど今の生活に不満があるわけではないのですが、それでも人間の欲望とは尽きぬもの。ベタですが、次に人間として生まれ変わってくるのなら

・金持ちで
・スポーツセンスに恵まれていて
・音楽センスに恵まれていて
・容姿端麗

なんて、通俗的!でも通俗的なことを思える僕はなんて幸せなんやろ。恵まれてるからこんなベタなことを思えるねんで。反省・・・。
次の人生のこと考えるより、この人生を精一杯楽しんで生きることが大切だと思います。だから、今日も、明日も、毎日頑張っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/27

おねがい

新潟県中越地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

ここにきてもらった各位
下記アドレスを開き、バナークリックをお願いします。負担無しで1円募金ができます。
(クリック数の制限があるようなので、締め切っていたらゴメンなさい)
こんなことしかできないけど、なにもしなければ、人気取りにだけ避難所を訪れていた映画大好きの小泉首相すら笑えない情けない人間になりそうで・・・。
http://zai.chu.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/23

イチバだけにお金がいるのでしょう

って、そんなこと言うてる場合やない。巨人、横浜に続いて我等の阪神タイガースまで、一場選手に金を渡してたなんて・・・、それもたった25万円。そんなパチンコで2回終了させたら手に入りそうな金額で、オーナー辞任に追い込まれるなら、渡さん方がよっぽどマシ。無茶苦茶かっこ悪いぞ阪神経営陣!一場も25万円みたいな金、もらうなや。渡す方ももらう方も、精錬潔白でいることが出来ないなら、せめてワルに徹して欲しい。あまりにも情けなくて・・・。

一場だけやないやろ。金もらってるの。徹底的に調査して、泥全部吐き出そうや!って、そんなことしたら、今の11球団全オーナー辞任に追い込まれるし、自由獲得枠で入団した大学出身の選手は全員退団することになるんやろなぁ。どうせボロボロのプロ野球界、もう来年は野球せえへんくらいの覚悟で、徹底的に泥吐いてみたら?

この記事を書いてる間に、新潟県で大型地震が発生したようです。被害が心配です。台風もそうやし、こないだの紀州沖地震もそうやし、どうなってしまったんや?日本。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/10/21

子どものころ夢中になったもの

トラックバック野郎今回のお題です。

子供の頃、さて何歳ぐらいまでをさすのでしょうか?小学校ぐらいまでと考えましょうか?

1.少年少女世界名作全集
だったと思います。小学館が刊行した全50巻の分厚い大判の全集です。古事記・ギリシャ神話・旧約聖書からトムソーヤの冒険・岩窟王・オーヘンリの短編・坂井三郎のゼロ戦の勇者・今昔物語等々、世界各国のありとあらゆる作品がこの全集の中に網羅されています。僕の活字中毒はこの全集からはじまったと言っても過言ではない、小学校の6年間ほぼ毎日この全集のどれかの巻のどこかのページを開いていたと思います。

2.タミヤの1/35MMシリーズ
所謂戦車のプラモデルです。小学校5年の時に突如目覚めてしまい、3・4号戦車・パンサー・タイガー・キングタイガー・シャーマン・T34・なんかの有名な戦車は言わずもがな、チャーチルクロコダイル・メーベルワーゲン・ヴェルヴェルヴィント・ヘッツァー・一式自走砲なんかのちょっとマイナーな戦車、88mm砲・6ポンド砲・兵隊セットまで、作りまくりました。飛行機でも船でもなく戦車が好きだったのは何故でしょう?スマートじゃなく地を這うような重厚さ・無骨さがすきだったのかも知れません。この頃から自分のことがよく分かっていたということでしょうか?

3.山遊び
近所の里山で遊ぶのがすきでした。ちょっとした渓流や洞窟なんかがある恵まれた環境だったのが良かったのですが、学校から帰るとランドセルをほっぽりだして、肥後之神とライターをポケットに入れおやつを手に悪がきが集合し、近所の山へ登っていくのです。秘密基地を作ったり、クワガタを取ったり、沢をひたすら登っていったり、蛇を捕まえて振り回したり、ぐみやすかんぽをかじったりして、山中を駆け巡ってました。途中、鹿や猿に出会ってしまうこともたまにありました。いい時代だったんだなぁと振り返ってしまいます。

4.スーパーカー消しゴム
スーパーカーブームの末期、突如現れたこの消しゴム。1ケ20円と安価なのですが、消しゴムとしては全く役に立たないこの代物でなにをするかというと、机の上で相撲(落としあい)をするのです。ノック式ボールペンのノックの力を利用して消しゴムのお尻をたたき、消しゴムを進めて相手の消しゴムにぶつけ、相撲をとらせる遊びと、説明をかけばややこしいのですが。至って簡単な遊びです。我々の親父の代で言うメンコのかわりみたいな感じかな?

その他、プロ野球カード、ドッチボール、ソフトボール、釘を使ったナイフ作り等々子供なりにいろいろはまってたんやなぁ。ファミコンがない時代、小学生の塾も勉強もそんなにうるさく言われなかったし、土管が転がってる空き地が本当にあったし、子供は泥だらけになって外で遊ぶもんやというのが常識だった最後の時代だったのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/20

本購入

ブックオフのオンラインショッピングで、買っちゃいました。

1.殺人容疑 デイビッド・グターソン
2.気象予報士(上下) スティーブ・セイヤー
3.撃つ 鳴海章
4.されど修羅ゆく君は 打海文三
5.聖域 篠田節子
6.神鳥 篠田節子

計6作品7冊、合計金額が2000円を超えると送料が無料になるので、ついついまとめ買いしてしまうのですが、新作にこだわらなければ、面白い(面白そうな)小説でも100円コーナーにあったりするので、ブックオフはやめられない。今読んでいる「檻」を読み終わったら、早速この中から1冊選んで読んでいこうと思ってます。

ところで、またしても台風がきているようです。近畿地方直撃の可能性大、日本列島縦断コースということです。皆さん充分気をつけて下さい。今回の台風は大きいそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/16

怪奇を暴け レッツゴー!

SRI 怪奇事件特捜チーム「嗤う火だるま男」

ウルトラセブンの後番組として、円谷プロが製作した硬派特撮ドラマ「怪奇大作戦」のリメイクがあったんですね。知人がビデオを取ってくれていたので見ることができました。BSフジなんてチェックしてないから、全然気付いてなかった。

往年の怪奇大作戦を意識して、それなりによく作られたドラマでしたが、どうしても元祖と比べてしまう悪い中年特撮ファンです。

1.所長を含めて3人は少ないだろう。バブルの頃に半官半民の組織になって、バブルがはじけた後、業務規模の縮小化の余波を受けてしまったんでしょうか?
2.元祖では、事務所で煙草を吸っているシーンが大好きだったんですが、時代を反映してか、喫煙シーンは一切なし。その代わりに飲酒って・・・酒飲みながら仕事すんなよ!それなら煙草のほうがマシちゃうか?
3.宮川一郎太が出てくるとどうしてもウッチャンに見える。笑う犬の企画に見えてしまいます。
4.アルファロメオは格好いいけど、やっぱトータス号にして貰わんと。円谷の平成シリーズは地上車両の改造に手を抜きすぎの気がします。
5.ドラマの終わりは「恐怖の街」をかけて貰わないと・・・。詰が甘い!

評判がよければ、地上波でシリーズ化するとのことなので、頑張って欲しいです。(言うてるわりには批判ばっかりしてますが)、シリーズ化するときは「キングアラジンの末裔」とか、「死神の子守唄を歌う現代人」とか、「JR京都駅と京都タワー以外買います」とかを登場させてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

感謝です。ありがとう

このブログにきていただいた方がのべ1000人を突破しました。ご来訪いただいた皆様、ありがとうございます。
時にはやりすぎかなと思うぐらい過激に、時にはわざわざ書くことないやろ!と自分でも思うぐらいくだらないことをうだうだと書いておりますが、こんな記事でも読んでくれている方がいるのだと思えば、さらに記事を増やしていこうかという気持ちにもさらに火がつきます。

これからも、日頃つらつら思っていることを、拙い文章ではありますが、少しでも皆様の暇つぶしになるように、(適当に)がんばって書いていきます。今後ともご愛顧、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/13

スポーツ・ハプニング集

トラックバック野郎です。今回のお題は難しいぞ。なにしろ、普段スポーツというスポーツをしないので、ハプニングも起こりようがない。何を書こうかと考えつつ・・・、

あれは、7年ぐらい前、会社の組合主催ソフトボール大会にて、バッターボックスに立った僕はその日、無安打の雪辱を挽回しようと奮起していました。初球から打ちごろの甘いボールが来たのでバットでひっぱたくと、ライトの前に落ちるヒットとなりました。ライトの守備がまずく、打球処理を誤りお手玉している間に、2塁まで行こうと走ったのですが、思ったより早い返球がきました。タッチされればアウトなのであせった僕は、タッチの手を交わすためにベースに向かって滑り込みました、半パンをはいていたことを忘れて・・・。
右足に裂傷と捻挫、裂傷は化膿し腫れ上がりました。全治まで1週間。ハジメの2日間は歩くのもままならないぐらい酷い状態となり、その傷跡は今も僕のふくらはぎにバッチリ残ってます。

やりなれないことはしないほうがいいですね。無理せずゆっくりスポーツを楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/11

神様とよばれた寡黙な男

昨日、甲子園に行ってきました。阪神VS巨人戦、そして八木選手の引退試合。
雨天中止となった10月8日の振替試合、年間指定シートを除いて全席当日券発売ということで、甲子園に行って見てあかんようやったら、諦めようか・・・みたいな気持ちで出かけたのですが、さすがに1塁側は売り切れ、3塁側オレンジシートの37列目かなり本塁よりのところに席を取れました。巨人ファンはほとんどいません。チラホラオレンジ色が見える程度で球場はほとんど黄色と白と黒、少しだけ赤い★。

試合は1回裏3点を先制したところから終始阪神ペースのいい感じ。もっとも巨人は完全に消化試合気分で、ローズ・ペタなんかは帰国してしまっている上、清原も高橋も(おまえが八木に花束渡せよ!選手会副会長は失礼やろと後で思うわけですが)いません。矢野って三浦って岩館って誰やねん?キャッチャー原って誰やねん?代打野村って・・・あっカツノリ!ってな感じのやる気なさ、金持ち喧嘩せずってとこでしょうか?ほんまイヤミな奴等やで。
おかげさまで阪神ばっちり勝たせて戴きましたが・・・。

8階裏、ピッチャー安藤のところ、球場のファンはすでに総立ち状態、ここしかないわけですから、分かりますわな
「安藤に代わりまして、八木」のアナウンスがかかると同時に場内の歓声は大爆発!ラッキーセブンで出し惜しみしたジェット風船も飛び交い(これは試合の進行妨げるのでエエことないけど)大盛り上がりの中、しっかりやってくれました、これぞ職人芸のライト前ヒット、さすが、まだやれるでぇ。八木!やめるなやぁ。八木・・・

18年間縦じま一筋、将来の4番を期待されていたにもかかわらず、故障に泣き96年のシーズンは1度も打席に立てなかった。しかし、この1年が八木を変えたのでしょう。翌97年からの八木は、従来の肝心なところで勝負弱いイメージでは全く役に立たない役割、代打稼業を担い、その役割を全うします。いや全うどころか神様といわれるまでになったのです。寡黙で、優しさがにじみ出たその風貌とあいまって、まさに記録ではなく記憶に残る活躍をした八木。
低迷しつづけたタイガースにいて、その存在は決して小さくはなかった、その分批判も非難もいろいろ浴びせられてきましたが、最後には神様にまでなったのです。

最後の挨拶「甲子園のバッターボックスに立つことはもうありません・・・」で泣きました。テレビ放送ではカットされている部分「激動のプロ野球界、しかし来年も選手たちはそのプレイで皆さんを感動させてくれるでしょう。プロ野球は不滅です・・・」で、また泣きました。ライブドアよ、神様に託されたこのメッセージ重く受け止めろよ!楽天よ、こんな気持ちでプレイしてる選手たちの気持ちを逆なでするようなアテウマみたいなこと、いくらナベツネとツツミに頼まれたのか知らんが、やめてくれ。そして、プロ野球球団経営陣達、神様をないがしろにしたらバチあたるぞ。

神様、八木様お疲れ様でした。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/09

LOVE PSYCHEDELICO

ラブサイケデリコ 「MIND ACROSS THE UNIVERSE・2004」行ってきました。
台風接近中の10月8日、雨にもめげず、会社の連中の冷たい目を振り切って、定時ダッシュ!なにしろ、ロックオデッセイでクミのボーカルに惚れてしまって以来、単独ライブには必ず行くぞと期待して念願して、ようやく手に入れたこの機会。逃してなるものか!

ZEPP大阪の中の客層は多種多様、千差万別、日本人内人種の坩堝。ナオキっぽい奴、クミ意識したストレート長髪の女の子、会社帰りのサラリーマン(含む僕)みたいなおっさん、普通っぽい女子大生、ロックオタク等々、デリコファン層の厚みを想像させられます、裾野広いんだぁ。
そんな坩堝の中に混じってステージを見つめ、開演を待ちます。ローディが出てきて楽器の最終調整、BGMが大きくなって(何故かキッスのライブのときと同じTHE WHOの曲)、いよいよ始まります。

ナオキのギターすげえ!なんやろね。ためというか、間というか、顔がロンブーというか(ファンの人々にはこれは禁句らしいですが、どうしてもそう見えてしまって・・・。ゴメンなさい)ギターの趣味も渋くていいし、歪ませ方も絶妙。
バック取ってるやつらも(知識ないので一くくりにしてごめんなさい)テク最高、のり最高。
そして、クミ・・・。もう言うことなし。MCでも言ってましたが、本当に歌を歌って生きていくことが幸せなんだろうという気持ちが、我々オーディエンスにも乗り移ってくる。魂の乗った声、音量もテクニックも抜群に巧くなっている。気持ちとテクニックとに裏づけされた抜群の歌。
アクションもかっこエエねんなぁ。ナオキの動きがちょっとナルシっぽい(ギターヒーローはこうでないとあかん部分もあるねんけど、どういうたらエエか、イングゥエイのキショアクションっぽい臭いをちょっと感じてしまったといえば分かってもらえるかぁ・・・)部分があるのに対して、クミのアクションはイヤミがなくカッコいい。どの曲の最後だったか、ナオキが飛び跳ねて最後のコードを叩きつけるように弾くアクションを、クミが振り返るように見返すっていう締めをしたアクションなんか、クミのほうが動きは小さいものの、そのかっこ良さに見惚れたもんね。
1曲目のMind across the universeからアンコールのA DAY FOR YOU まで捨て曲なし。MCも無駄なものはなく、かといって無愛想に放置されるでもなく、丁度いい感じ。特にアンコール前、ラス曲のneverlandはクミの歌いこみもナオキのダブルネックギターでの渾身の弾きこみも迫真!ジャニスやジミヘンに憑依したロックの神様が彼らにも降臨したのに違いない。聴いているこっちも戦慄を感じる出来栄えで、ステージから目が離せない状態に陥り、アンコールの拍手もしばらく手につかない放心状態に・・・。

本当にいいライブでした。僕はライブが終わったらそのミュージシャンの曲をしばらく避けるように聴かなくなるのですが、今日は1日デリコを聴いています。クミとナオキが何かを僕の心に刻み付けたのは間違いないようです。行って良かった。日本のロックシーンもすごくなってきた。次も行くぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/06

ぬるやかに

世の中イロイロ不気味なことが起こってるようですが、気合を入れて書く気分でないので、雑記を少し箇条書きにて・・・

1.本屋さんに志水辰夫の新刊が出ていた。久々のシミタツ節!早く読みたい気持ちがこみ上げてきて、もう少しでレジにもって行きそうになったけど、実は金欠。買ってしまうと明日からの小遣い緊縮体制が・・・。少し我慢することにしました。・・・明日も誘惑に勝てるかな?

2.今夜から少し寒さ(寒さやで!)が増すそうです。今、正木さんが言うてはりました。なのに、昨日の昼間は汗だく。昼ご飯に生姜焼き定食(うどん付)を食しただけで、汗が引かない状態に陥り、店の中で1人だけタオルを顔に擦り付けていました。やっぱデブなんかなぁ?昼間も、いつなったら涼しくなるんでしょうか。

3.仕事の勢いが乗らず、(ここで会社の愚痴は言いたくないので詳しくは書きませんが、最近ホンマにモチベーション下がってます。俺)とっとと帰宅してやりました。帰宅すると嫁が持ち帰り仕事を必死にこなしてました。ちょっと、反省しました。

4.スポーツ新聞なんかに出ている、ライブドアと楽天のスタッフ編成の予測が無責任で面白い。オマリーや掛布やバースやオールド阪神ファンにはたまらん名前が次々出てきます。次は誰が出てくるのでしょうか?真弓(合併球団のスタッフには入ってない)、田淵(ダイエーで失敗してるけど)、広岡(管理野球)、川上(V9)、権藤(佐々木とセット)、西本(ジジイのほう)、上田(宗教が心配)、クロマティ(バースの対抗馬)、ポンセ(おもいつき)

5.関東では昨夜、震度5弱の地震が発生したらしいですね。さらに台風が近づいているとか。もう飽きました。あっち行け!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/10/03

新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ 特別編

今日ビデオ見ました。OVA全3作じゃなく、劇場版のほうを観たんですが、これで充分ご馳走様です。ケーブルで偶然にでも見ない限り、OVA版まで見直すことはないでしょう。そこまで熱心なファンでもないですから。
本編と違って1時間30分で物語に決着をつけなければいけないので、ストーリーがきっちりまとまっていて、感情移入もしやすかったです。五飛もヒイロも行動基準が単純になっていて(当然、デュオやカトルは言わずもがな、トロワはサーカスを守るためというパターン)敵味方に分かれる理屈もわかりやすい。そういう意味で勧善懲悪というかハリウッド的というか見やすいですよ。

この作品の主役は迷える五飛です。ヒイロでもリリーナでもない。イブウォー(テレビ版の最後の戦闘)でトレーズと戦闘したものの自分中で決着を付けられなかった五飛。そういえば、こいつ以外はみんな帰る場所が出来てたんやねぇ。(あぁ、ゼクスがいたか。彼もまぁこの作品で帰るとこ見つけてるからいいんやね。)マリーメイア軍は五飛の気持ちを整理させるためだけに戦争を仕掛けたトレーズの亡霊なのかも知れません。そう考えると、ラストの3機のガンダムとトールギス・ホワイトトーラスの戦闘は正しかったんやと納得した次第です。

ヒイロみたいな生き方にいまだあこがれるなぁ。完璧な兵士、完璧な破壊工作員のヒイロにとって、いまやリリーナ個人だけが大義だという単純さ。リリーナだけに忠義をつくす騎士ぶりは、見ていてすがすがしい上に羨ましい。ゼロをリリーナのためだけに完全破壊に至るまでオーバーヒートさせるんやから、よっぽど惚れてんやろね。

ハッピーエンドに過ぎる部分はあると思いますが、クリスマスに見る良質のロボットアニメという意味では、これでいいんではないでしょうか?僕はええ方に評価します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なにものかであるためにせねばならないこと

東京都教育委員会が、学校行事で生徒が起立して君が代を斉唱するよう、学習指導要領に基づく指導を教員に求める職務命令を出すよう都立学校長に要請したことが29日、分かった。記者会見した都高等学校教職員組合は「生徒の内心の自由を侵害する」と批判している。日の丸・君が代をめぐり生徒への指導を求める職務命令は異例。従わない教職員は懲戒処分の対象になる。 

というニュースを聞きまして、日本もようやくここまできたかと思いました。日本国民である以上、国旗と国家に誇りをもつことは当たり前で、そういう指導を家庭ではなく学校が指導しなければならないってのは、むしろ遅いぐらいではないかと思うわけです。
この記事にも載ってるように「生徒の内心の自由を侵害する」なんてへんな意見が、世のエエ大人から出ているようですが、国民として国旗と国家を歌わないけど国民としての権利は甘受したいなんて考え方は甘えでしかないと思います。いやなら国民をやめればいい。
「そういうことをいうと北朝鮮みたいな全体主義のナショナリズムを肯定することとなる」みたいなことをいう人もいますが、北朝鮮みたいにならないように、国民がしっかりと政治と経済を見守り、政治家たちを監視することは今の日本ならかろうじて可能だろうし、そういうふうに自分たちの国、日本を大切にする心を育てるためにこそ、せめて国旗・国家に敬意を表する心を育むことは大切な基本なのではないでしょうか?

テレビで都立高校の女子高生と思われる子がインタビューに答えて「強制されるのがイヤだから、君が代は席に座って歌いませんでした。」って言ってましたが、何者かであるために強制されることって世の中には一杯あるんですよ。そんなことキチンと教えていない両親も情けないけど、学校の先生の団体である「生徒の内心の自由を侵害する」ってなことを言ってる世の中だもんなぁ。権利だけ甘受して義務は放棄する卑怯な人間が増えるはずやわ。やっぱり日本の夜明けはまだまだ遠いようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/10/02

オリジナル料理

トラックバック野郎です。今回のお題は「オリジナル料理」ということですが、嫁も僕も新たなものを創意工夫する能力に欠けているのか、よそ様のご家庭料理に比べて、「おっ!アイデアが傑出してしかもおいしいではないか!まったりとしてそれでいてコクがある。舌の上をなにやらロシア革命のようなボルシェビキッティックな衝撃が味蕾を弄ぶかのように転がっていくぅ!」みたいな料理は全くありません。むしろ、定番料理をいかに上手(いや食べられるよう)に作るかの域からまだ卒業できていないのです。

そんな僕にも、人からはそんな奴は見たことがないと言われた料理(いや食べ方)があります。
茶碗蒸の具を食べた後の卵の出汁、みなさんは普通にお匙ですくってプリンのように食べてますか?僕は、あれをご飯にかけて食べるのがたまらなく好きなのです。できれば冷やご飯を用意して、まだぬくぬくの茶碗蒸の出汁をかけて、ガガッとかっ込めたら最高です。ぬくぬくの卵に冷たいご飯の絶妙のハーモニー。
会社で旅行に行ったときに、この食べ方をしてたら、同僚から「キショッ!」って言われてしまいました。美味しいのに・・・。

こんなん、オリジナル料理って言わないですよね。
でも、こういう汁掛けご飯的なグルメとは対極の位置にあるおいしい食べ物って絶対うまいでしょ。トンカツをソースに浸して1日ヅケにした奴とか、ビスケットを紅茶に浸して食べるとか・・・。そう言えば、大分昔の「お美味しんぼ」にそんな回があったよな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »